2012年10月29日

レッスン 第26回目

徒然考えるに、10月は一年で一番美しい季節だと思います。
陽射しが透明でキラキラしているし、朝晩キリっと涼しくて日中は爽やか。
風が吹けば木犀の香り…一年中こんなだといいのに。

さて、そんな美しい季節の天気の良い土曜日、10月27日、バイオリンレッスンに行って来ました。

音階はF-durとD-moll。
これらはとりあえず弾けていますとのことで次はB-durとG-moll。
どちらも最後のアルペジオの指使いに注意です。(残しておく指・同時に押さえる指)

カイザー8番合格。
まあ、今回は3週間も間が空いたので、2小節づつのひとかたまりを丁寧に練習して
繋げてゆくことができました。
自分的にはそれで左手は止まることなく動くようになったけれど、
右手はまだまだ…という感じでしたが、先生はきっと「いまの時点では」このくらいで
十分という判断で合格を下さったのだと思います。
右手のアップの時にともすれば弓が駒に寄っていってしまい、
上滑りな音が出がちなので、もっと手首を柔らかくと言う注意をいただきました。

で、カイザー9番が宿題に。
久々の見開き2ページ…大物です。しかも速そう。スタッカートだし…と
不安いっぱいですが、不安はいつものことなので、コツコツやるのみです。

そして、ビブラート。
大分力が抜けてきているので、今後、積極的に曲の中で使っていって下さいとのこと。
本当ですか〜。そんな余裕は皆無な気がするのですが、はい、努力はします…(´Д`)

さて、今回はここまででほぼレッスン時間が終了してしまいました。

先生に時間は大丈夫ですか?と聞かれ、私はまったく大丈夫だったので、
2曲宿題だったうちの1曲だけ鈴木教本の曲を弾くことになり、
大急ぎで「狩人の合唱」を弾いたのですが、焦ってしまい16分音符の移弦がボロボロ。
カイザー8番よりよほど自信があったんですが、敢え無く敗退しました。

という訳で、お持ち帰りの狩人の合唱と、弾けなかったロング・ロング・アゴーに
5番のブラームスのワルツも新しく加わり、宿題は盛りだくさんに。
しかも、ブラームスのワルツは「ビブラートの練習がたくさん出来ますね〜( ̄ー ̄)ニヤリ」
などとおっしゃるし…(苦笑)

次回は2週間後、11月10日(土)13:30からのレッスンです。

ああ、もう次は11月なんだなあ。
そろそろ寒くなってくるころでしょうか。
寒さに弱いので冬眠モードに入らないように自戒したいと思います。




posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

レッスン 第25回目 & USJ ハロウィン・ホラーナイト

ハロウィンホラーナイトはまったくもってバイオリンとは関係ないんですけどね。
行って来ましたよ〜ってことで。

今年はホラーアトラクを色々明確に分けて少しは整理できていたように思いました。
去年はもっと曖昧だった気がします。エリア分けとかゾンビの種別(?)とか。

まあ、相変わらず激しく混んでいて、誰がゾンビで誰がパンピーだかよくわからん
状態ではありましたが。

ハムナプトラは朝から整理券を取って、アヌビスもイムホテップも両方観れました。
夏に先駆けバージョンを観ていたので、まあ、こんなものかなと。

夏と違って6人ずつに分けられて、グループごとに灯りとお宝を
持たされるところが新しかった(笑)
ちょっとしたミッションをやり遂げた感ありましたよ(ホントか?
怖さも緩和されたような。

ハムナプトラを2連ちゃんした時点で19:00、次にバイオハザードに並ぼうとしたら
まったく無理でした。17:30くらいにはすでにラインカットされたみたいです。

仕方がないので、色々検討して取捨選択した結果、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドの
ホラーバージョンに乗ることにしました。

去年はこのアトラクはホラーバージョンがなかったので、楽しみにしてたんです。

普通バージョンとの違いは、通路のところどころにマネキン人形および
マネキンみたいなメイクをしたお姉さんが立っていることと、
音楽が強制的になんかしらんホラーっぽいものになること、
あと、これはひょっとしたら錯覚かもしれないんですが、スピードが
アップしていたような…。

ものすご〜く速く感じました。そこが面白かった。通常もこうだといいのに…

あとは、ホラーエリアをそぞろ歩いて、野良ゾンビたちとの遭遇を楽しみました。

ジェイソンもバイオハザードもディーコンも回れなかったので、やっぱり少なくとも
もう一回は行かなきゃいかんですね。Eパス必須かな…。

で、その次の日(日曜日)は午前中に25回目のバイオリンレッスンでした。

カイザー7番は合格。
カイザー8番は、弓の速さと重さが全然合っていなくて音がスカスカになります。
左手に迷いがなくなるようにもっと練習して、弓のコントロールに神経を使えるように
ということで、お持ち帰り。・・・本当に汚い音なんですよ。練習していてイヤになりますが
そこは細かく区切るなどして、とにかく左手がスラスラ動くまでまず頑張らねば。

鈴木2巻
2曲目、バッハのミュゼット。
やたらややこしい弓使いだったんですが、先生が前回細かく書き込みをして下さったので
問題なく合格できました。

・・・書き込み、自分でしないとか甘やかされてます、はい(・ω・;)

宿題として、ウェーバー の狩人の合唱と1巻でも出てきたべーリーの
ロング・ロング・アゴー(なんか、変奏バージョンが付いています)が追加されました。

あと、ビブラートは練習の成果を見て頂いて、ちゃんと掛かっているので、
もう少し指を柔らかく(弦を強く押さえ過ぎない)等に気をつけて、
ユダス・マカベウスを使ってさらに練習です。
・・・そうは言っても、相変わらず全然出来ている気はしません(-_-;)

次のレッスンはちょっと間が開いて3週間後、27日の土曜日になったので、
練習時間はいっぱいあります。

この練習時間に余裕のある感じが曲者なんですけどねーーー



posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。