2013年02月22日

アルコールストーブの種類

海外でも日本でも、アルコールストーブの自作をしている方は多いです。

ねこてんは、まだ作ったことはありません。

火を燃やす道具を自分で作るということが、なんだか怖い気がするからです。

うまく作れなくて、ドカーンと爆発したりしないだろうか…
そこまで大きなことにならないにしても、下手な接合部から知らない間に
燃料が漏れていて引火したりして…

と、ネガティブな思いに囚われてしまいます。

工作大好きだし、何かやりたいと思ったら、綿密な計画とか見通しとか
ほぼ考えない見切り発車でとにかくやってみる方なのに、何この腰の引けた感じ。

考えてみると、この不安はアルコールストーブの構造をちゃんと
理解していないことから来ているのでは?と思い至りました。

と、言うことで、作るかどうかは別として、まずアルコールストーブって
どういうもののことを言うの?なんか色々呼び名があるけれど。

そして、燃料がアルコールってことは分かるけど、実際どうやって
燃えているの?という基礎的なところから調べてみた。


■なんだか知らないけれど、名前がいっぱいある。

本体の素材は何にせよ、とにかくエタノール、メタノールを燃料に使った
燃焼器具のことをアルコールストーブとくくってよさそう。

本体素材は、手近なところで(空き缶を利用する)アルミ、スチールが一般的。
商品として売っているものは、ステンレスやチタンなどもありますね。

アメリカっぽい名前といえば、下のみっつ。

<キャットストーブ>
キャットフードの空き缶を使ったところから呼び名が付いたと言われる
これはスチール缶ですね。

<ペニーストーブ>
上部の燃料注入穴を塞ぐのに1セント硬貨(ペニー)を使ったことから
こう呼ばれるらしい。

<ペプシカンストーブ>
なんか、アメリカではペプシの缶がよく自作ストーブに使われるそうですよ。
そのため、こんな名前で呼ばれることもあるとか。

日本では、ビールのアルミ缶や、コーヒーの缶、小ぶりな所でウコンの力の缶も
よく利用されているようですね。

なるほど…海外では本体素材の缶の正体由来などの名前で、色々呼ばれているけれど
結局これらはみんなアルコールストーブであると。ふむ。


■構造的にも何種類かに分かれるらしい。

色々見ていると、大きく分けて2種類の外観があることに気づきました。

<上部が大きく開いていて、そこに直接ドボドボとアルコールを注ぐタイプ>

これは非加圧式と言って、開口部の周りにグルリとガスレンジのように炎の出る
小さな穴が開いているのがオーソドックスな形。

ねこてんの持っている「トランギア」や「アロクス」なんかはそのタイプですね。

この炎の噴出口が上ではなく横の壁(つまり本体の筒の比較的上の方)に開いている
ものがサイドバーナー型。

これだと、開口部に直接ケトルや鍋を乗せても、炎の噴出口を塞がないので、
五徳がいらないという利点があるそうな。

ねこてんはこの形は使ったことがないけれど、バランス的にどうなんでしょうね。
五徳なしで直置きだと、不安定にはならないのかな…。

これら開放型の場合開口部からも炎が出ていますから、それを塞いだら、
火力が周りの火だけになり、お湯の沸くのに時間が掛かりそうですねえ。

反面、広範囲の燃料気化がない分、燃費はよさそう。

ちょっと興味津々です。

自作第一号はこの形かな?

作るのも一番易しそうだし。


<上部は密封され、ごく小さな穴が燃料注入のため開いているタイプ>

これは加圧式といいます。

上部にポツンと開いた小さな注入口から注射器やスポイトみたいなもので
燃料用アルコールを入れます。

その穴はネジで塞いで密閉したり、先に書いたようにペニーを乗せて塞いだり
して、受け皿の上にのせ、まわりや上部にプレヒート用のアルコールを注いで
そこに火をつける事により、内部のアルコールを熱して気化させ、上のぐるりの
ポツポツからアルコール蒸気となって立ち上り火がつく仕掛け。

利点としては、開放型(非加圧式)より強力な火力が得られることらしいんですが、
ねこてんは試していないので、ほんとうかどうかわかりません。

まわりにバシャバシャとアルコールを撒いて、火をつけるところが
ちょっと怖そうです。

作るのも難しそうなので、自作はないかなあ。

商品化されているものがあれば、次回買ってみたいと思います。


こうやって書いてみると、ねこてんの中で、アルコールストーブというものが、
ちょっと整理されてきました。

時間がある時に、模式図とか描いて追加しますね。

今日は、ここまで〜


posted by ねこてん at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。