2013年04月21日

魔法使いの弟子たち

井上夢人著 魔法使いの弟子たち

文庫版が最近出た。
待ちかねていたので、買いにいくと表紙がアニメ絵だった。

基本、アニメ絵の表紙が付いていると買う気が失せるので、
その旨ツィートしていたら、講談社さんからいきなりリプが来た。

さすが講談社さん。
ちゃんと自社の出版物に関するツィートは随時チェックしてるんですね〜。

↓↓↓クリックで画像のみ表示。さらにクリックして原寸表示すると内容が読めます。
koudansha.jpg

・・・幅広帯だったらしい。帯というには本当に幅広すぎるけど(笑)
koudansha2.jpg

アニメ絵描いているの、フェアリーテイルの人みたいだが、
誰が描こうと、やっぱりああいう表紙が付いているとラノベにしか見えない。

まあ、ラノベが悪いって訳じゃないし、こういう工夫をして
本離れが叫ばれて久しい、若い世代を呼び戻す企業努力は認めるけれど、
井上さんがまだ岡嶋二人として活動されている頃からの、
リアルタイムファンとしては、ちょっと驚いてしまった次第です。

で、外側の表紙(幅広帯w)が気に入らなかったので新刊の文庫版は諦めて、
文庫版が出たことによってちょっと値の下がった、中古の単行本を
Amazonでポチりました。(講談社さん、井上さん、ゴメンナサイ)

そして満を持して金曜の夜中、ベッドに潜り込んで恐竜を育てながら(※)
一気読みしちゃいました。

読み終わったら朝5時で、お腹が減ったので起きて夜食…もとい朝食を
食べて、ビールを飲んでベッドに戻り、今度は本当に寝ました。

ビバ、休日♪

※今、『ジュラシック・パーク・ビルダー(Jurassic Park Builder)』という
ゲームをiPadでやっている。面白い!可愛い!!最高!!!


・・・あれ?なんか、〆っちゃった?みたいになってしまった。
感想まだ全然書いてないんだけど。

うん。やっぱり感想は書かないとまずいでしょう。

ということで。

【総評】井上夢人さんの著作にハズレなし。

オルファクトグラムでも思ったけれど、感覚の描写が秀逸。

オルファクトグラムの時はニオイを視覚で表す描写がすごくて、
本当に眼に視えるようだったが、今回は主人公が過去視・未来視する
際の力の持って行き方(押したり・引いたり)が、そんな能力を持ったことの
ないねこてんでも、そういう感じでやればできるかもしれないと
うっかり思ったくらい。

こんな風に『うっかり思わせてくれる』話を読むと
「本当に小説というのはすごいメディアに成り得るんだなあ」と
いつも実感する。
(まったく傾向の違う作品だが川上弘美さん著「どこから行っても遠い街」
の感想
でも似たようなことを書いた)

だって、読み手の想像力に火を付けてくれれば、あとは
読み手の脳内で、それは音響付きニオイつき皮膚感覚付き3Dになって
立ち上がって来る訳ですから、下手な映像作品ではとても敵わない。

最後の広げた風呂敷の畳み方(結末)に関しては、もう1回読んでから
ネタバレ付きで追記します。

とりあえず今日のところは以上で。




posted by ねこてん at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。