2013年05月27日

レッスン第39回目

5月25日(土)は、3週間ぶりのレッスンでした。

いいお天気で陽射しはまるで夏みたいでした。

そんなに歩く距離はないんですが、日焼け止めを塗った上で、
つばの広い帽子をかぶり、サングラスを掛け、手甲のような
日焼け防止手袋に身を包んで、日光遮断対策は万全です。

ショーウインドウに映る姿はまるで不審者でしたが、
なりふり構っちゃいられません。

実は、若い頃はまったく美白になんぞ興味がなく、
すっぴんで、バイクに乗ったりスキンダイビングをしたりと、
暴挙の限りを尽くしていました。

ホント愚かな小娘だったんです(TдT)

そのツケが今頃回ってきてまして、頬がシミだらけ。
年齢も年齢なので、これ以上は絶対に日焼けできません。

・・・とは言え、日焼け防止グッズ一式を身につけると
暑いんですよね〜。

この決心、いつまで続くか…(・ω・;)

さて、そんなこんなで始まったレッスンですが、
まずはいつもの通り音階から。

■音階
イ長調 A Dur
⇒合格

「だんだん♯も減ってきたのでふたつずつでも大丈夫ですね〜」と
いうことで、宿題はfis-mollとD-Durというなんか収まりの悪い
組み合わせのふたつに。

ついでにh mollまでやってしまうか、もう一回fis mollだけの
宿題にして、♯三個を終わらせた方がよいのでは…と思ったけれど、
ひょっとしたら、次回、3個宿題で一気に2オクターブ終わらせるという
方向なのかもしれません。

謎ですが、とにかく、今回の宿題はfis-mollとD-Durです(笑)

■カイザー練習曲(kayser etudes)
12番 ⇒ 後半のみ宿題だったんですが、まあまあおまけで合格。
あいかわらず、アップの時に手首が十分柔らかくなっていないせいで、
長いスラーだと、弓が駒よりに斜めになります。イカンなあ(TдT)

14番 ⇒ 12番と一緒で、余裕がなくなるとすぐ弓が駒よりになるので、
固い汚い音が出ます。
手首に糸が付いていて引っ張られるように上がってくる…ただしやりすぎは
ダメだそうで、難しいです。

あとは、弓の向きがすぐごっちゃになるのでもっと練習が必要です。
(後半に出てくるアップの4音スラーで5音目と6音目がダウン・アップになるところ)

それと、わたしの持っている白い表紙のカイザー教本では
これが14番なんですが、ネットを見ているとどうも違う曲が14番で
今、わたしが14番として練習している曲は17番みたいなんだけど、
これはどういうことなんだろう…教本の版が違うだけなのか?

これまた、謎です(・ω・;)

■鈴木教本3巻(というか、発表会用の曲)
ドボルザーク ユモレスク

だいぶん、A〜Cメロまでの雰囲気を弾き分けられるように
なって来ました。
先生は特にCメロ(あの短調になる激し目のところ)がよいと
おっしゃってくださいました。

でもまだまだビブラートは不自然ですし、Bメロの冒頭、
D線のF(指番号2)からポジション移動で、A線の3ポジのF(指番号3)に
一気に上るところが、うまく決まりません。

先生曰く、「上がる勢いでビブラートを掛けてしまう」と。

その時は「おお!なるほど〜」と思ったんですが、帰宅して
やってみたら、全然できない。

先生はいとも簡単そうにお手本で弾いてくださったんですけどねえ。

ああ、だんだん日がなくなってくるのに、どうしよう。

でも、レッスンの次の日の日曜日、ふと思い立って庭に出て
陽射しが溢れ、風が吹き渡る中で、弾いてみたら、
思いの外、音が豊かに出て、なんか良い感じでした。

外で弾くので、メインの楽器ではなくブルガリア製の方を
持ってでたんですが、やはり東欧の作曲家の曲は東欧の楽器が
歌心をわかっているということなのでしょうか。
同郷のよしみ…みたいな?

普段、絶対ジョルさん(メインの楽器)の方が音量も音質もよいのに、
木漏れ日の中でユモレスクを歌っていたマメトラ(サブ楽器)は
素敵だったなあ。(いくら昼間とはいえ、近所迷惑だろうから
3曲くらいしか弾きませんでしたが)

やっぱりバイオリンは不思議な楽器です。

そう言えば、最近立て続けに2枚のバイオリンコンサートの
チケットを取りました。

1枚は、7月に神戸で行われる川畠成道さんのステージ。
もう1枚は、ちょっと先ですが10月の大阪ザ・シンフォニーホール
でのイツァーク・パールマン ヴァイオリン・リサイタルです。

今からとても楽しみですが、その前に初発表会を
乗り切らないとなあ(´Д`)





posted by ねこてん at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

週末のあれこれ

あれこれというほどのこともないんですが。

まず、土曜日は14:00から友人のバイオリンの発表会がありました。
時々、一緒にカラオケで練習したりしている友人ですが、
バイオリン歴は10年オーバーで、ねこてんとは比較にならない腕前。
今回の演奏曲も『フランクのバイオリンソナタ最終楽章』と難曲でした。

ねこてんは、7月にはじめての発表会を控えていますので、
ひとごとではなくドキドキ・ハラハラ、手に汗握って聴いてしまいました。

あ〜、本当にすでにイヤです、発表会。⇒それはまあ、置いといて。

最後に友人の先生ご夫妻(先生がVn、奥様はPf)の東北支援チャリティコンサートが
行われ、チャルダッシュで始まり、終盤にはツィゴイネルワイゼンも演奏して
下さって大満足。

こうして17:00くらいに全プログラムが終了し帰宅しました。

家に帰ると食べ物が何もなかったので天王寺に晩御飯の買物に行ったついでに、
なんとなくいつも遠くから眺めるだけ、傍を通る時はいつも展望台への
エレベーターは長蛇の列で、登りそびれていた通天閣に今なら空いてるかも…
という安易な思いつきで、ふらっと上りに行きました。

もう夕方だったのにまだ10分くらいは待ち時間がありました。
でも、まあ、それくらいだったら待てます。

もう外はすっかり日が暮れて展望台からの夜景が綺麗でした。

色々な大阪のお土産物や七福神やビリケンさんの像も楽しくて
気分はすっかり観光客。

しかし、あの辺もすっかり普通の街になりましたね〜。

ねこてんが小さい頃は親から「アポロビル(ローカルですねwそのころは
まだルシアスはなかった)から西は絶対行ったらあかん」と厳しく
言い渡されていて、オトナになるまでものすご〜くコワイところなんだ
と思っていました。当然ほとんど行ったこともなかった…。

行ったことがなかったんですから、本当のところ、どれだけ
普通じゃないコワイところだったのか、実はよく知りません。

でも、今見る限りでは、賑やかで、雑然とした大阪の下町って
感じです。刷り込みがあるので、まだちょっと緊張しますが(笑)

そんなちょっとした『冒険』で、休日1日目は終了。

で、翌日曜日。

またこれも突然、夏の靴が欲しくなって神戸に。
近年、なんばから近鉄線が阪神に乗り入れて神戸にそのまま
行けるようになってねこてん的には超便利です。

雨でしたが、ちょうと「神戸まつり」というのをやっていて
三宮は賑やかでした。

本当は、カカトのあるおしゃれなサンダルを探していたのに、
なぜかとある靴屋さんで見つけたKeenのシューズに一目惚れ。

MADRID MJ(マドリッド メリージェーン)というシリーズの
黒にしました。本当は紫がとてもキレイな色だったんだけど、
着るもの選ぶもんな〜紫は…と言う事で、泣く泣く諦めました。

今日(月曜日)、さっそく通勤時履いて来ましたが、
ものすごく歩き易いです。まるで、靴下で歩いているみたい。

見た目だけじゃなくて、履き心地も良かった…うん、最高。
・・・本当にあまりに楽で可愛かったのでAmazonで探して
見つけてしまいました。そして当然ながら予備として
紫もポチったのでした。

あ〜あ、タバコ禁断症状「お買い物依存症」炸裂ですね〜。

ひょっとしたら禁断症状だからしゃーないと言い訳しているだけで、
これが常態かもしれないと自己分析したねこてんでした。ヤレヤレ。

まあ、そんな感じでウロウロ過ごした休日。
相変わらず、あっという間に終了だ ┐(´д`)┌

そして、今日ふと気づくと禁煙2ヶ月を達成してました。
禁煙2ヶ月.jpg

すごいな〜、元帥になってるよ( ^ω^ )

しかも吸っていたらそのタバコの長さはナイアガラの滝だったらしい。
想像するとかなりダイナミックな絵ですね。ガクブルです。


posted by ねこてん at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

禁煙57日目

さてさて。

57日目に突入しました。
57日と言えば、1ヶ月と27日。
あと3、4日で丸2ヶ月ですね。

今回は「卒煙式」の画像は載せません。
だって、ステータスは「大将」のままだし、
アヒルも3羽のまま増えてないし。

要は、あまり変化がなくておもしろくない。

えっと、吸わなかった金額は12,579円で、
本数は571本、長さ的には48.62m(出雲ドーム…どこ?)だそう。

実はですねえ。

虚空蔵菩薩の真言のお陰かどうかは定かではないけれど、
あまりキツイ禁断症状の出なかったねこてんですが、
ひとつだけ、始末の悪い症状が発症していたのでした。

それは、「買い物依存症」(じゃ〜ん)

タバコを吸いたいのを我慢している分、なんだかネットショッピングで
ポチッとやってしまう回数が増えて、もう大変です。

12,579円ぽっちり節約できたからといって、
手放しで喜ぶ訳には行きません。

だって、この2ヶ月足らずで、確実にその3倍くらいは
なんだかんだ買い込んでるからです。

しかも、それがまたひとつひとつはつまらんもんなんですよ〜。

日焼け防止のためのつばの広い折りたためる帽子とか。
普段絶対買わない美容系サプリとか。
ひまわりの種とか。くまモンの孫の手とか。カエルの置物とか。
そんなの塗ってどうすんのという感じのお高い化粧品とか。

まだまだありますけど、あまりクダラなくて
涙出てくるので省略します(笑)

そして、毎日のように届く「自分へのご褒美(ワラ」の
段ボール箱たち。

各社配達員さんたちもさぞや呆れていることでしょう。

「な〜んか、すんなり止められそうよ〜オホホ」
なんて余裕をかましている裏では、結構たちの悪い禁断症状が
出ているということで。

あ、あと、まだ2ヶ月経ってないのに、すでに3キロも太った。
で、まだまだミシミシ音をたてて膨張していっている気配を
細胞レベルで感じる…(TдT)

これから夏だというのに、どうすればいいのか
途方に暮れるねこてんでした。

う、うん。食べなきゃいいんだよね。し、知ってるもんっ。


posted by ねこてん at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

弦楽アンサンブルデビュー♪

ねこてんのバイオリンと双子のビオラをお持ちのKさんに
ご紹介いただいて、弦楽アンサンブルに初参加してきました。

会社は例によって有給休暇(。-_-。)

『それにしても双子の楽器ってなんやねん。
しかも、ビオラとバイオリンでしょ?』


はい、ご不審に思われるのはごもっとも( ´ ▽ ` )

ねこてんの楽器はこのブログにも何度か書いたように、
イタリアのクレモナ在住日本人製作家の矢久保圭さんの
作です。(右に掲載している写真がそれ)

楽器製作は何台かの楽器を並行して作られることが
多いようで、Kさんのビオラとねこてんのバイオリンは
まさに同時期に作られた双子です。

と言うか、Kさんが矢久保さんにビオラを注文製作依頼されて、
その『ついでに』一緒に作られたバイオリンという感じ?

だから、極端な話、もしKさんがビオラのオーダーメイドを
発注していなかったら、ねこてんのバイオリンは生まれて
いなかったかもしれません( ゚д゚)ハッ!

製作過程は矢久保さんのブログで垣間見ることができます。

そのご縁でKさんとメールのやり取りをさせていただくようになり、
今回、Kさんが参加されているアンサンブルにお誘いいただいた
わけです。

う〜ん、なかなかに不思議な縁だと思うんですよ。
遠いイタリアで一緒に作られたビオラとバイオリンが
偶然同じ大阪に売られて行って、また会うなんてねえ。
(製作者さんは日本人なので、そこまで低い確率ではないのかもですが)

さて、それはともかく。

初めてのアンサンブルは、オープンで広い心の
先達メンバーの皆さんにに暖かくむかえていただき、
弾けるところは少なかったですが、本当に楽しい時間でした。

当分迷惑のかけっぱなしになると思いますが、
頑張ってついて行かせていただこうと思っています。

次回が待ちきれないくらい楽しみです。

やっぱり音楽は、いいなあ。

13時半くらいから始まって、17時前まで、
夢中で弾いていたらあっという間でした。

それから、皆さんが持ち寄られたお酒や
おつまみを囲んで楽しい懇親の場が…。

『これが楽しみで…』とおっしゃる皆さん、
本当にいい笑顔で、この時間も素敵でした。

Kさんは、趣味の手打ち蕎麦を持ってきて下さって、
ねこてんもいただきました。
ダシや薬味の準備がないので、明日食したいと
思います。超楽しみ♪

※5/11追記
お蕎麦、付属のレシピの通りに茹でて、
天ぷら、ネギ、わさびで天ざるにしていただきました。
手打ちだけあってコシが素晴らしかったです。
ごちそうさまでした>Kさん <(_ _)>

posted by ねこてん at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

レッスン第38回目

5月4日(土)は38回目のレッスンでした。

それにしても、この連休は良いお天気でしたね〜@大阪
行楽日和とはこのことかと。
まあ、行楽は行かなかった訳ですが。

さて。
レッスンの内容を…。

■音階
cis moll ⇒ 合格
A dur が宿題になりました。

■カイザー練習曲(kayser etudes)
12番 ⇒ 速度が遅すぎるのかどうしても後半集中力がなくなり、
     左手小指を伸ばす拍子に親指も動いてしまい、全体に
     音程が高くなってしまう由々しき事態発生。
     16音連続スラーはだいたい出来てきているので後半のみもう一度。

13番 ⇒ スタッカートのコツ:最初に弓を弦に引っ掛けて、次の瞬間すっと力を抜く。
     合格♪

14番が新しく宿題になりました。
ポジション移動(1st⇔3rd)が頻繁です。そして変な拍子。5拍子ってなに。

■鈴木教本3巻(というか、発表会用の曲)
ドボルザーク ユモレスク
ポジション移動(1st⇔3rd)はかなり落ち着いてできるようになりました。
⇒ これは、多分ほぼ暗譜が完了したからだと思う。
  やっぱり譜面を見ながらだと、動きが一歩遅れて慌ててしまうんですね。
  基本、ドン臭いねこてんです。

Aメロ、Bメロ、Cメロと曲想が全然違うので、十分に弾き分ける。
短調になるCメロの部分、もっと粘って。
窓ガラスの汚れをギュギュギュッとこすり落とすような感覚で
弓で弦をこする。短い音符は短く。

実は、今回のレッスン、途中で前回の先生のライブの話をしたり、
今度見学に行くことになったアンサンブルの話をしたり
(一応、先生の許可を頂いておくべきかと思ったもので…全然OKみたいでした(汗))
あとは、禁煙自慢wをしたりでおしゃべりに花が咲きすぎて、押してしまい、
10分程延長してもらったのにそれでもユモレスクは通しで弾けませんでした。

要所、要所だけ弾いてアドバイスを頂いて…また、次回ですね。

さて、その次回は3週間後の5月25日(土)11:00〜です。

最近、土曜日11:00からが、固定になってきたな〜。
そのせいか、間が3週間空いてしまうのがちょっとイマイチではありますが、
まあ、やむを得まい。

そう言えば、弓の毛替えをしたせいか、スタッカートがとても弾きやすく
なりました。止めたり跳ねたりがコントロールしやすくなったという感じ。

弓って、やっぱりとても大事なんだな〜と実感したのでした。

コントロールしやすくなったと言っても、ねこてんのお粗末な技量では、
微々たるものではあるのですが(笑)



posted by ねこてん at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。