2013年07月25日

ついに見た、タバコを吸う夢。

よく、禁煙ブログなどに、「夢でタバコを吸ってしまい、あ〜あと
がっかりしていたら目が覚めた」というエピソードが書かれていたりします。

時期的には、皆さんそれぞれのようで3日目であったり1週間目だったり、
1ヶ月目だったり…なかには何年も経ってからとか。

ねこてんは、夢で吸うことなど全然なくまったく人事で、
「ふ〜ん、そんなこともあるのね〜」とか思ってました。

そしたら。

今朝というか昨晩というか、ついに見てしまいました、タバコを吸う夢

結構リアルで、
『久しぶりに1本吸ってみようかな〜⇒喫煙』
『まあ、なんてことないよね、タバコなんて』
『もう1本吸っちゃったんだから、2本も3本も一緒でしょ』
・・・こんな感じですっかり喫煙者に戻りましたとさ、という夢でした。

夢のなかでは結構時間が経過していて、何日間かに渡る出来事
だったようで、起きた時、しばらく混乱しました。

「え?吸ってないよね?あれは現実じゃないよね??」って。

もちろん、完璧に夢で、現実には吸っていないので問題はありません。
しかし、一瞬にせよ夢と現実の区別が付かず混乱した自分が怖かった。
大げさに言うと自己が崩壊しそうでした(汗)

脳を騙すのなんか簡単なんだな〜と言う感じ。
攻殻機動隊のひとコマみたい(笑)

いい機会なので、久しぶりに卒煙式のステータスを見てみようっと。

禁煙4ヶ月.jpg

もともと10本/1日の喫煙量でしたが、禁煙4ヶ月を超して、
その間もし吸っていたらのタバコの長さが「神戸ポートタワー」の高さと
イコールになったらしいですよ。

しかも、首相になってるし。

ふう・・・これからも油断しないで禁煙生活続けていきます。

らくらく禁煙できているようでも、どうも潜在意識君は未だ葛藤している
らしいことが、今回の夢でよくわかりましたから。


posted by ねこてん at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

果実酒再び

先月の初めに何年ぶりかで梅酒を漬けて、再燃した果実酒熱が
まだ冷めやらぬねこてんです。

先日、仕事帰りにスーパーに寄ったら、珍しいことに
35度のホワイトリカー1.8リットルパックが、40%引きに
なっていました。

梅酒のシーズンが終息したので、売り場縮小のためなんでしょうかね。

もちろん、重いのもなんのその迷わずカートに放り込みました。

「果実酒を漬けよう」頭に浮かんだそのフレーズに操られて、
果物売り場に直行。

果実酒と言えば、使う果物はもうなんでもありっていうくらい
どんなものでも漬けちゃえるようですが、ねこてんの思い浮かべる
果実酒はりんご酒でなければなりません(キッパリ

どうしてか?
う〜ん…赤毛のアンに出てくるのは「いちご水」(実はぶどう酒)
だし、ローラの物語では、アルマンゾの少年時代のお話「農場の少年」に
収穫したりんごを絞り器にかけてアップルサイダーを作る話がありましたが、
りんご酒ではなかったし。

原点は謎なんですがりんご酒でなければイメージ的にうまくないというか・・・

ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」という小説がありますが、
あれも美しいイメージですよね。
たんぽぽの花をいっぱい集めて作る金色のお酒。

でも、実際に飲むとしたら味を想像してちょっと躊躇してしまう。

その点、りんご酒は「安定の美味しさ」という
コピーがピッタリじゃないですか。なんっていいましたっけ?王道?

実はねこてんは果物としてのりんごは、あのシャリシャリした
歯ざわりや酸味が苦手です。
甘く煮込んでアップルパイの中に入れるのは好きですけど。

さて、初めての「りんご酒」はイメージ通りの味に仕上がるのか!?

材料
ホワイトリカー35度 1.8リットル
りんご(ニュージーランド産JAZZ) 8玉(およそ1.2kgと思われる)
氷砂糖 200g

果物売り場には、今が冬の南半球ニュージーランド産のJAZZという
りんごがありました。日本のりんごの2/3位の大きさ。かなり小ぶりです。
一玉150gくらいでしょうか。1袋4玉入りだったので2袋、計8玉購入。

jazz.jpg

「甘さと酸味のバランスが良い身のしまったジューシーなりんご」と
書いてあります。漬ける前にチョット味見をしましたが、かなり
酸っぱかった・・・果実酒向きなよ・か・ん♪

りんごを皮ごと丸ごとよくよく洗って、4つくらいに切ります。
枝に付いていた軸は取り除きましたが、芯と種はそのままで
4リットル瓶に投入。

※巷のレシピによるとりんご酒の場合、ホワイトリカー1.8リットルに
対して、りんごは1kgとあるものがほとんどですが、今回はおそらく
それよりは少し多いです。材料のところにも書きましたが1.2kgは
あったと思う。でも、少し多い分には(たぶん)大丈夫。

氷砂糖も入れて、ホワイトリカーを注いだらOK。

簡単すぎ・・・(。・ω・。)

あとは、2ヶ月後にりんごの実を取り出し、熟成させれば
できあがり。3ヶ月後くらいから飲めるそうですよ。

でも、これも梅酒と一緒で最低半年は置いておいた方が
美味しくなると思います。

お正月くらいが飲み頃かな〜

楽しみです。

posted by ねこてん at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

割とバイオリン尽くしの週末

発表会から一週間が経ちましたが、次のレッスンの連絡が
まだありません。

ひょっとしたら先生に見捨てられたかもと慄くねこてんです(嘘

練習は音階とカイザー14番を飽きずにやってますが、
曲の方は発表会の練習で新しい課題を貰っていないので
終わっても未だに納得の行く出来とは程遠い
「ユモレスク」をさらったりとのそのそしています。

そんな中、うまくしたもので今週末は金曜日は
アンサンブル、土曜日は川畠成道さんのリサイタルと
なんだかんだとバイオリンから離れられない感じで
過ごしました。

まず金曜日は、2ヶ月ぶり2回目のアンサンブルです。
今回の演奏曲は
1.バッハ 「組曲No.3」
2.早川正昭「日本の四季 -春-」
3.パッヘルベル 「カノン」
4・コレッリ「合奏協奏曲Op.6-1」
5.モーツァルト「ディベルティメントK138」
6.ディズニー「星に願いを」・「ビビディ・バビディ・ブー」
あと、メンバーのおひとりが「みんなで弾きたい」と
持ってこられた、松田聖子「赤いスイートピー」の飛び入りもありました。
最後に、いつもの通り「K525アイネ・クライネ・ナハトムジーク」で〆て終了。

リストを見ると本当に難しい曲ばかりですが、
初参加だった前回よりはほんの少し弾けるところが増えました。

練習したのは「アイネク」の1楽章だけだったんですが、
音源をずっと聴いていたのが良かったみたいです。

まあ、そうは言っても「弾ける」というより「迷子になるところが
少し減った」というレベルですが(汗)

わたしのお隣に80歳オーバーの大ベテランが座ってらっしゃるので
ポジションを移動すると弾きやすいところとか、バロックらしい
演奏のテクニックとか、演奏用ミュートの付け方とか、難易は問わず
色々と役に立つアドバイスをいただきました。

やっぱりこういうのは、ただ個人のレッスンに通っている
だけではなかなか身について行かないことだと思うので、
とても為になるし、楽しいです。

13:30からみっちり3時間、10分程度の休憩を1回挟んだだけで
16:30まで演奏。ひとりだったら絶対続かないこの長さが、
ここで、皆さんとやっていると本当にあっという間です。

休憩時間に例のねこてんをこのアンサンブルに誘ってくださった
双子楽器のビオラの持ち主Kさんが、双子たちを並べて
写真を撮って下さいました。
P1000413.jpg

やはり矢久保さんの楽器はいいなあ。とても綺麗です。

ねこてんはまだまだ鳴らしきれませんが、アンサンブルの
メンバーの上手な方たちが、代わる代わる弾いてくださって、
その音の美しいこと!楽器もねこてんも幸せなひとときでした。

全曲終了したあとは、今回も恒例の飲み会が始まって
有志で楽しい時間を過ごしました。
本当に良い集まりです(*´-`)

来月は抜けずにあるみたいなので、今から待ちきれないくらい
楽しみです…というか、ちょっとは練習しなきゃなあ。

そして、次の日の土曜日。
神戸文化ホール(中ホール)で行われた
川畠成道ヴァイオリンリサイタルに。

自由席だったのですが、1人の身軽さで前から2列目の真正面を
確保することができて間近で、運指運弓をじっくり見ることが
できました。

まず、第一部は川畠さんもピアノの寺嶋陸也さんも
白いシャツに黒いスーツの正装で登場。
フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調
1〜4楽章までフルで。約30分の熱演でした。

2曲めはバッハ無伴奏パルティータ2番シャコンヌ。
いつ聴いても本当に美しい曲です。
この曲を聴くといつも、水晶のような透明な材質でできた
多角柱や多角錐が仄かに光を放ちながら、宇宙空間に「ある」
というイメージが頭に浮かびます。

このあと、20分の休憩を挟んで再び登場した
川畠さん&寺嶋さん。
シャツをカラーのものに着替えていらして、
上着はなしで、ちょっとカジュアルな雰囲気に。
バイオリンの顎に当たるところに敷く布まで、
第1部の正装の時は真っ黒だったのに、服装に
合わせたのでしょうか、チェック柄に変わっています。

クライスラー「愛の悲しみ」そして「愛の喜び」やグノーの
アヴェ・マリアなどの美しい小品を次々に弾かれて、
プログラム最後はワックスマンのカルメン幻想曲。
ドラマティックで素敵な曲でした。

アンコールはラフマニノフ「ヴォカリーズ」、そして
アンコール2曲目は、なんとねこてんの憧れ「チャルダッシュ」を
弾いて下さいました。これはプログラムにないサプライズだったので
ものすごくテンションが上がりました。

川畠さんのチャルダッシュ。
初めて拝聴しましたが、とても素直なチャルダッシュで新鮮な感じ。

良くも悪くも全然色気がないというか…悪口みたいですが、
そういう訳ではありません。でもねこてんの心を鷲掴みにして
グイグイくる感じではありませんでした。

これがいいという方もいらっしゃるでしょうから、あくまで当社比w
(ねこてんのアイドルはロビー・ラカトシュなのでご賢察ください(´Д`υ))

アンコール最後は、メンデルスゾーン「歌の翼に」。
川畠さんの伸びやかで、まっすぐな音がとてもこの曲に合っていて
素敵でした。

しかし、川畠さんという方は、仄暗い中に住んでいらっしゃる方とは
知らなければ絶対わからないだろうなあ。

舞台に出てくるのも誰の手も借りず、ひとりで颯爽と
出ていらっしゃるし、退場の時も同じ。
覚束ないところは欠片もない。

アンコールの時のお喋りも屈託なく、まっすぐに
伸びて来た若木のようなイメージで、お人柄が出てましたねえ。

素敵な時間をありがとうございました。




 

posted by ねこてん at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

発表会無事終了〜

7月6日(土)、初めてのバイオリン発表会でした。

演奏したのは、ソロ曲がドヴォルザーク「ユモレスク」。
アンサンブルがエルガー「愛のあいさつ」です。

当日はピアノ合わせはなく、練習もできずにそのまま本番
だったので、舞台に立っていざ弾き出そうとしたら、すべて
忘れてしまっていて、為す術もなく立ち尽くすのではないかという
ほとんど被害妄想の域に入り込んでいるよう妄想が…。

しかも、4人で弾くはずだった「愛のあいさつ」の
セカンドバイオリンの人が、先週のリハーサルからの
体調不良がまだ続いていらしたようで、この日も
参加できず、急遽別の人がセカンドを弾くことに。

リリーフを頼まれた人も練習日がたった3日間だけ
だったそうで、「絶対無理〜」と。

「なんとかなりますって」と言ったものの
これといった方策もなく、もうこうなったら楽しく
やろうという感じ。

なかなか波乱含みの幕開けとなりました(笑)

しかし暑い中、友人カップルがわざわざ来てくれて、
とても心強かったです。ビデオまで撮ってくれたり。
(↑これは、あまり見たくはないけど orz)

不思議な感覚なんですよね、いつも舞台に立つ前って。

バイオリンは初めてですが、ピアノでは15回くらい発表会に
出ました。まあ、否応なく(・ω・;)
2、3回ですがコンクールも経験しました。

大人になってからはなんどか歌で。

ごく幼い頃を除いて、いつでもその時が近づいてくると
ご飯も喉を通らないくらい緊張するんですが、
前日くらいになると緊張ほとんどピークで継続しながらも、
なんか変なスイッチが入って、ある意味楽しみになってくるんですよ、
舞台に立つのが。

震えているのは怖いからなのかワクワクしている
からなのかわからん…みたいな。

今回もそうで、怖いのはこの上なく怖いんですが、
嬉しくてねー。特にアンサンブルはとても楽しみでした。

そんな中、子供ちゃんたちの可愛らしくも達者な演奏が
次々と繰り広げられ聞き惚れているうちに、遂に自分の番が
回ってきました。

ねこてんの前から大人の部に入ったんですが、その方が
場内アナウンスのお兄さんに「名前の後は「さん」では
なく「ちゃん」付けで発表して欲しい」とお願いされていて、
ねこてんにも「ねこてんさんも「ちゃん」付けはいかがですか?」と
聞いて下さったので、ちょっと悪ノリしてしまって(変なテンション
だったんです、なにしろ…)、「ぜひお願いします。もう
この年齢になると「ねこてんちゃん」なんて呼ばれることは
まあ、ありませんし〜」と言ってしまいました。

そのアナウンスのお兄さんは、ねこてんの前の方にも
ねこてんにも見事に「ちゃん付け」の紹介をしてくださって、
客席は「?」マークが飛んでいるのが見えるような
不審なざわめきが…お陰さまで、舞台袖から演奏定位置まで
歩いて行く時の緊張が程よく解けて、満面の笑みで
登場することができました。

ありがとう!アナウンスのお兄さん!!(よかったのか?

演奏の方は…。
まあ、今のねこてんの実力から言えば、あんなものでしょう。

リハーサルでも家やレッスンでの練習時も必ずと言っていいほど
止まってしまっていたCメロのところも、音程崩れつつも
止まらずに弾けましたし、この「とにかく最後まで止まらない」
ということを目標に(目標低っ!)していましたから、
まあ、達成はできたのかな…と。

そりゃね、練習の時は掛けれていたヴィブラートが全然掛けられなかったり、
いつにもましてポジション移動時に音程が乱れたり、
お得意だったはずの、最後のフラジオが全然鳴らなかったりと、
酷いといえば、この上なく酷い演奏ではありましたが・・・

そして、最後にアンサンブル。

一度も合わせができなかった4人が、本番で初めて合奏する
という大胆不敵さ(笑)

でも、ねこてんはこれに関しては、本当に全然心配してませんでした。
なにしろ、4人のうちのひとりは先生ですし、ファーストと先生と
自分は、先週合わせてますしね。その時不安があった部分は、
この一週間で自分的にはけっこう完成できていたので、
そう酷いことにはならないという確信がありました。

おまけにリリーフをしてくれた方はバイオリンはまだそんなに
長くはされていないんですが、ピアノの先生なので、
音楽的な素人さんではないということも大きかったと思います。

結果的には、やはり割りと無難に最後まで演奏できて、
とても楽しく終わることができました。

色々と総合した感想としては「とにかく楽しかった」に尽きます。

・・・なんて言ってますが、まだこのあとの初レッスンには
行っていないので、その時先生に反省点を色々と指摘されて
号泣してしまうかもです(。-_-。)

帰りは、友人カップルが「ご褒美」に超豪華ランチを
ごちそうしてくれたりして甘やかしてくれたので、
ねこてんの単純な頭の中では幼稚園児のように「発表会=楽しいイベント」
という回路が出来上がってしまいましたとさ。

めでたし、めでたし。

posted by ねこてん at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

レッスン第42回目そして翌日はピアノ合わせ

6月29日(土)は42回目のレッスンでした。

発表会が間近に迫っているということで、
今回も音階やカイザーはやらないで、アンサンブル曲と
ソロ曲のみのレッスン。

■アンサンブル曲「愛のあいさつ」
かなり合わせられるようになりました。
自分がメロディーのところは意識し過ぎないで、軽く弓を
滑らす方が音が伸びて良いようです。

1ヶ所だけ拍が取りにくくどうしても曖昧になるところが。
先生のビオラが表で入ってすぐ裏をサードバイオリンが弾きます。

ひとりで数えながら弾いていると大丈夫なんですが、
ビオラが鳴るとそっちに引きずられて、とたんにリズムが崩れました。

あとは、フェルマータを十分に伸ばすこと。
インテンポに戻るタイミングがズレないように。

しかし、今回のレッスンで先生がファーストバイオリンのメロディー部分を
弾いて下さって合わせることができたので、大分把握できました。

■ソロ曲「ユモレスク」
1.Bメロポジション移動の時、ギリギリまで弓を弦から放さず弾く。
2.多少ポルタメントになってもいいので恐れない。
つまり、ポジション移動の度に音が途切れがちになるので、
そうならないように上記2項目に気を付けましょうということでした。

あと、Cメロはやっぱり難しいですねえ。
止まってしまいます。
本番でも止まったらどうしよう。

先生は落ち着いて走らないように余裕を持って弾こうという
意識を持つだけで変われるので大丈夫とおっしゃいます。

もうそれを信じるしかないですね…もちろんあと一週間練習はしますけど。

と、まあこんな感じでレッスンは終了。

そして次の日6月30日は本番が行われるホールのリハーサル室で
ピアノ合わせ・アンサンブル合わせがありました。

ちょっと早く着いたので、自分より前に弾く子供たちの演奏を聴いていました。
それぞれ個性があって面白いですね。

楽しそうに自由奔放に弾く小さな子や、フレーズの時々に付き添いできている
お母さんの顔を伺ってその表情で自分の出来を測っている少し年上の子。

子供たちを見ているとこちらの精神もかなり開放されます。

そして、ついにねこてんの番が巡ってきました。

ねこてんはバイオリンで舞台に立つのは初めてなので、
出て行って、右脇に楽器を挟みお辞儀をするところから練習です。

バイオリンの場合、自分が正面を向いて立つのではなく、
楽器が客席からまっすぐ見える角度で立つそうです。

つまり、身体は右半身が客席と相対することになる感じですかね。

さて、今回弾くユモレスクはピアノの前奏はなくて、
バイオリンとピアノが同時に出るので、弦に弓を置いて
音を出す準備をしてからピアノの方を振り返って合図
(声はださないけど「せえの〜」みたいな?)
を送って弾きだします。

もう、ここで頭は真っ白。

案の定、Cメロで止まってしまいました。
先生曰く「1の指(人差し指ですね)をまったく使わないで弾いてますよ」

ええ〜!どんだけテンパってるんだ>自分

で、まあ弾きなおしてなんとか最後まで行きましたが、
こんな調子で本番どうなるんでしょう(TдT)

最後にアンサンブルの合わせも行いました。
しかし…。
なんと、セカンドバイオリンの人が体調激悪で欠席されていて
ファースト、サード(ねこてん)、ビオラ(先生)のみで合わせ。

ファーストの人がフェルマータで迷ったり、ねこてんが
例によって裏拍で入るのをトチったり、まあ、ピタリと合うなんていう
境地からは程遠い感じではありましたが、楽しかったです。

音楽は楽しければいいんですよ、ええ。 ← 開き直り(`・∀・´)

・・・・・
本番が思いやられるリハーサルでしたが、まだ5日ほどありますからね。

ラストスパートかけて、悔いのない感じで臨みたいと思います(あくまで希望)




posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。