2013年02月20日

ケッヘル

中山可穂 著   ケッヘル(上・下)

この著者の本はこれが初めて。

とにかく、バイオリン及びバイオリン弾き、あるいは、もっと広義にクラシック音楽を
テーマにしている小説が読みたくて、探し当てた作品。

何しろタイトルが「ケッヘル」。

ケッヘルと言えばモーツァルト。

クラシック音楽は出版された楽譜ごとに、Opus(Op.、op.)という作品番号が
ふられているのが一般的だが、作品番号が付いていなかったり、一部欠落している
作曲家の場合、その研究者が付けた整理番号が作品番号の代わりになる。

モーツァルトの「ケッヘル番号」がそれで、ルートヴィヒ・フォン・ケッヘルという
人が作品に時系列で番号をふって行った。(KとかKVとかが頭についた番号)

筋金入りのモーツァルト愛好者は、この番号をすべて暗記していて、
K626とか聞くと、「あ〜、未完のレクイエム、d-mollね」という風に
即座に出てくるらしい…(スゴ

ねこてん自身は、特にモーツァルトを偏愛するということはないのだけれど、
長年師事していたピアノの先生が、モーツァルトをとても愛していらした。

なので、親近感みたいなものはある。
これは行っとくしか無いでしょうということで、上下巻買ってみた。


【ここからネタバレ入ります。未読の方はご注意ください】
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
---------------------------------------------------------------------

導入部、フランスの最果て、ドーバー海峡を臨む小さな町で、海に向かって何時間も
指揮棒を振り続ける日本人らしい男。
それを海辺のカフェから見つめる、訳ありそうな日本人女性・・・

うわぁ〜、とても興味をそそられるシュチュエーション。
つかみはバッチリという感じ。

ある事情から日本に帰ることができず、ヨーロッパを放浪していた伽椰は
ドーバー海峡に面した小さな港町カレーに流れ着いたところで、所持金も尽きかけ、
進退窮まっていた。

ここで熱烈なモーツァルティアン(モーツァルト愛好家)遠松鍵人に出会い、
彼から日本における当座の住処と、仕事を紹介される。
条件は、住処として提示された家に棲んでいる猫のフィガロに決まった銘柄の
餌を与え世話をすること・・・。

・・・しょっぱなから、話は思いっきりズレますが、「伽椰(かや)」という
のはきれいな名前ですね〜。後でチラッと話に出る彼女の妹は確か「沙羅(さら)」
だったと思うけど、姉妹揃って漢字の字面も音も合っていて美しい。

名前の趣味の良いご両親でよかったですね。

いや、そんなことはどうでも良い。

とにかく、胡散臭さ満載のウマイ話だと思いつつ、失うものも帰るところもない
伽椰は、遠松鍵人の提案に乗り、日本に帰国。

教えられた家は、鎌倉の大きな別荘で、部屋には古いベーゼンドルファーと
おびたたしいモーツァルトの音源と楽譜、最高級のオーディオ機器、
世話をするべき雑種猫のフィガロがいた。

うらやましいな〜。
ベーゼンドルファーのコンサートグランドと猫。
素晴らしいオーディオセット。
仕事がしたくなったら、紹介された会社「アマデウス旅行社」に行けば
社員の座は約束されている。

ピアノ好き、猫好きとしては堪りません。

思わず「伽椰〜、そんなウジウジ迷ったり心配するくらいなら、替わってくれ!」と
叫びたくなりました。

まあ、しかしもちろん、ここは『伽椰でなければならなかった』訳で、
それはおいおい明らかになって行きます。

上巻はこうして、謎と秘密に満ちた幕開けから、木村伽椰と遠松鍵人、それぞれの
物語が交互に語られます。

ねこてんは、遠松鍵人の物語が、とても好きでした。

シチュエーションも登場人物もかなり浮世離れしていて、
ちょっと村上春樹風味入ってる? いや、もしくはコメディー路線に
行くのか?と思う場面もちらほら。
このコメディー路線は下巻でも通奏低音のごとくずっとかすかに
感じられます←「通奏低音」ってちょっとクラシックっぽいでしょ(。-_-。)

彼の母親にはまったく共感できませんでしたが、父親は性格破綻者では
あるけれど、かなり魅力的な人物。

もとは才能溢れて容姿端麗な、世界的指揮者だったのに、
女と酒で身を持ち崩して、死に至る病を患い、今や見る影もない。
モーツァルトのケッヘル番号の秘密を解明かせば、世界が変わると
信じていて、行動原理がすべてケッヘル番号に拠っている。

まあ、こんな父親に振り回されて、日本全国放浪しなきゃならないなんて、
幼い少年にとっては迷惑なことです。

反発し、逃げ出そうとあがき、でも結局離れなれなくて、
その最期を看取った鍵人は、運命の恋人に出会い、そのせいで
恐ろしい事件に巻き込まれて・・・。

ねこてんの見る所、古今東西「運命の恋人」というものに碌なものはありませんな。
だいたい、これが出てくると人は抜き差しならない泥沼に足を取られて
破滅へまっしぐら〜ですからな。

と、運命の恋などとは無縁のねこてんは焼餅半分思いながら下巻に進むのでした。

とあっさり下巻に行こうとしていますが、この鍵人の物語と並行して、
伽椰の物語も語られていきます。

なぜ、日本を出て放浪するはめになったのか、誰から逃げているのか。

ここで、伽椰が同性愛者だと事がわかり、なんでそういうフラグが必要なのか
よくわからないまま、ねこてん的には最後まで違和感。

後日、女性同士の恋愛がこの著者のほぼ全著書のテーマになっていると知り
「ふ〜ん」と思った次第。

まあ、人を愛するということに男も女もないのかもしれないけれど。

なんかその特殊な設定が、この作品に関して言えば浮いてるなと。

それがこの著者の作品の特長だし、その切なさが好きなんだ!という人も
きっといっぱいいらっしゃるんだろうから、ねこてんには合わないだけです、はい。

下巻では、殺人事件が続発し、伽椰は終始一貫それらに巻き込まれ、だんだん
オカシイぞと思いはじめます。

謎の美人ピアニストの登場。(前の恋人を急に忘れて彼女に夢中になる伽椰)

だんだん明らかになっていく過去との繋がり。

ちょっと無理のある展開もあったけれど、ふたつの過去が絡まって
ぐーーーーっと結末に収束していく感じは面白かったです。

モーツァルトと言えばフリーメイソンというお決まりからなのか、
ちょっと絡めてきてましたけど、そこはいらんかったかな〜。

でも、上下巻を通じてずっとモーツァルトの音楽が次々に
聞こえてくるような構成が素敵でした。

久々にモーツァルト尽くしを聴きたくなった。

作者様
遠松社長をはじめ、魅力的なキャラたち…猫のフィガロ(彼に幸いあれ!)や、蟹沢くんや、
よし子ちゃんが活躍するアマデウスグループのさらなる発展と冒険の物語を読みたいです。
できれば、レズ風味なしで。

・・・・・だめですか、そうですか orz






posted by ねこてん at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324117094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ナプロキセン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。