2013年03月07日

語られなかった皇族たちの真実

竹田 恒泰 著     語られなかった 皇族たちの真実

著者の竹田さんは、明治天皇の玄孫(孫の孫)に当たられる方だそうで、
竹田家は旧皇族で、宮家と呼ばれていた…。

根っからの庶民のねこてんは、華族と呼ばれていたお家と宮家と呼ばれている
お家の違いもよくわからない。イメージ的には三島由紀夫の小説の世界。
なんだか綺羅びやかな感じ?ぐらいの曖昧模糊としたものだ。

という畏れ多い状態(無知ともいうw)から抜け出すために、読んでみた本。

数年前に話題になった女性天皇の話にも興味があったし。

著者は言うなれば、『内輪』の人なので、天皇家と宮家の関係とか、
神代から続く皇室の歴史などが、とてもわかり易く書かれていた。

そして、どうして皇位継承に関しては男系でないといけないのか、
大変詳細に強く主張されていて、ねこてんにもその論理はよく理解できた。

正直、これを読むまでは「女性でもいいんじゃないかな。昔も女性天皇いたし」
と単純に考えていたのだ(恥)

宗教的な側面を軽視していたというか、あまり気にもとめてなかったというか。

ねこてんは、生まれた家がキリスト教だったので、日本人のくせに
日本の宗教的儀式とかタブーにとても疎い。

で、この本を読んで、まあそういうことなら、決められた儀式を執り行う上で、
確かに女性ではまずいんだろうと遅まきながら気づいた。

でも、そもそも始まりの始まりは天照大御神という女神であったのだから、
その不浄の概念はいかがなものなのか…という疑問は残るけれど、
そこは、この本では明確になっていなかったように思う。

ただ単にねこてんの理解が悪いだけかもしれないけれど。

しかし、それは別として感銘を受けたのは、この時代に、
ここまで、皇室のことを真剣に考え、絶対譲れないものとして
啓蒙に務める情熱を持った若い世代(著者は1975年生まれだから、
まだ30代だ)が、日本にいるんだなあということ。

まあ、この人にとっては、下世話な言い方をすれば、実際の親戚関係の話
だから、当然のことなのかもしれないが。

天皇、皇室、宮家などについて、ねこてんと同レベルの認識しか
持っていない方々には、本当におすすめの本だと思う。
「血のリレーの伴走者」のくだりなんか、その覚悟に胸が突かれる思いがした。

日本人だしね。
外国の人に尋ねられた時に恥ずかしくない程度の正しい知識は持っていないと。

ただ、初めから知識をお持ちの方々には、ひょっとしたら
もうとっくにご存知のアタリマエのことしか書かれていないかもしれない。

あ、それから、本のタイトルだけ見て、女性週刊誌的な内輪話を期待された
方は、あまり欲求は満たされないと思う。

そういう類の暴露本とは遠いところにある本です。

ねこてんの感想はただ一言。上つ方は、本当に大変だ… orz





posted by ねこてん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343336633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ナプロキセン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。