2012年10月29日

レッスン 第26回目

徒然考えるに、10月は一年で一番美しい季節だと思います。
陽射しが透明でキラキラしているし、朝晩キリっと涼しくて日中は爽やか。
風が吹けば木犀の香り…一年中こんなだといいのに。

さて、そんな美しい季節の天気の良い土曜日、10月27日、バイオリンレッスンに行って来ました。

音階はF-durとD-moll。
これらはとりあえず弾けていますとのことで次はB-durとG-moll。
どちらも最後のアルペジオの指使いに注意です。(残しておく指・同時に押さえる指)

カイザー8番合格。
まあ、今回は3週間も間が空いたので、2小節づつのひとかたまりを丁寧に練習して
繋げてゆくことができました。
自分的にはそれで左手は止まることなく動くようになったけれど、
右手はまだまだ…という感じでしたが、先生はきっと「いまの時点では」このくらいで
十分という判断で合格を下さったのだと思います。
右手のアップの時にともすれば弓が駒に寄っていってしまい、
上滑りな音が出がちなので、もっと手首を柔らかくと言う注意をいただきました。

で、カイザー9番が宿題に。
久々の見開き2ページ…大物です。しかも速そう。スタッカートだし…と
不安いっぱいですが、不安はいつものことなので、コツコツやるのみです。

そして、ビブラート。
大分力が抜けてきているので、今後、積極的に曲の中で使っていって下さいとのこと。
本当ですか〜。そんな余裕は皆無な気がするのですが、はい、努力はします…(´Д`)

さて、今回はここまででほぼレッスン時間が終了してしまいました。

先生に時間は大丈夫ですか?と聞かれ、私はまったく大丈夫だったので、
2曲宿題だったうちの1曲だけ鈴木教本の曲を弾くことになり、
大急ぎで「狩人の合唱」を弾いたのですが、焦ってしまい16分音符の移弦がボロボロ。
カイザー8番よりよほど自信があったんですが、敢え無く敗退しました。

という訳で、お持ち帰りの狩人の合唱と、弾けなかったロング・ロング・アゴーに
5番のブラームスのワルツも新しく加わり、宿題は盛りだくさんに。
しかも、ブラームスのワルツは「ビブラートの練習がたくさん出来ますね〜( ̄ー ̄)ニヤリ」
などとおっしゃるし…(苦笑)

次回は2週間後、11月10日(土)13:30からのレッスンです。

ああ、もう次は11月なんだなあ。
そろそろ寒くなってくるころでしょうか。
寒さに弱いので冬眠モードに入らないように自戒したいと思います。




posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ナプロキセン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。