2013年03月30日

レッスン 第36回目

3月30日(土)は3週間ぶりのレッスンでした。

去年の日記でも書いたように、先生のお宅の近くは桜並木があって
この時期、本当に美しいです。

去年は、4月9日に行った時が満開くらいでしたが、今年はそれより
10日程早く、すでに満開に近い感じで咲き誇ってました。

レッスンが終わって、玄関まで先生が送って下さった時に、
「桜、本当に綺麗ですねえ」と言うと、
「え?そうですか…」(ここでキョロキョロと外を見る先生)
「わー本当ですねえ。全然気付かなかった」
というお言葉。

ここで、ものすごいデジャヴに襲われました。

この会話、去年もそっくりそのまましたような…。
で、こんなすべてが薄いピンクに染まるような景色が見えていないなんて、
先生って音楽にしか興味がおありじゃないのか…と思ったものでした。

もちろん、今年も同じ事を思いました。

浮世離れしているところが、さすが音楽家ですね(謎

さて、ここで正直に告白します。
桜の話を延々書いているのは、レッスンの話がほとんど書くことないからです。

3週間も間が開いていたのに、音階を除いてすべてお持ち帰り。
ユーモレスクのダイナミクスについて、Bメロをもっと豊かにとか、
3rdポジションに上がる時、親指が移動しきれていないこととか、
弱冠の注意事項をいただいて、出直しです。

練習不足だった訳では決してないんですが。

まあ、カイザー12番の16音連続スラーとか、ねこてんにとっては
この世のものとは思えない程むずかしいですし、カイザー13番と
ユーモレスクは今回が初回レッスンだったんで、そういうめぐり合わせの
週ということで。

次回は4月13日(土)の11時からです。

その頃にはもう、桜は散っているでしょうね(*´-`)


posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ナプロキセン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。