2013年05月10日

弦楽アンサンブルデビュー♪

ねこてんのバイオリンと双子のビオラをお持ちのKさんに
ご紹介いただいて、弦楽アンサンブルに初参加してきました。

会社は例によって有給休暇(。-_-。)

『それにしても双子の楽器ってなんやねん。
しかも、ビオラとバイオリンでしょ?』


はい、ご不審に思われるのはごもっとも( ´ ▽ ` )

ねこてんの楽器はこのブログにも何度か書いたように、
イタリアのクレモナ在住日本人製作家の矢久保圭さんの
作です。(右に掲載している写真がそれ)

楽器製作は何台かの楽器を並行して作られることが
多いようで、Kさんのビオラとねこてんのバイオリンは
まさに同時期に作られた双子です。

と言うか、Kさんが矢久保さんにビオラを注文製作依頼されて、
その『ついでに』一緒に作られたバイオリンという感じ?

だから、極端な話、もしKさんがビオラのオーダーメイドを
発注していなかったら、ねこてんのバイオリンは生まれて
いなかったかもしれません( ゚д゚)ハッ!

製作過程は矢久保さんのブログで垣間見ることができます。

そのご縁でKさんとメールのやり取りをさせていただくようになり、
今回、Kさんが参加されているアンサンブルにお誘いいただいた
わけです。

う〜ん、なかなかに不思議な縁だと思うんですよ。
遠いイタリアで一緒に作られたビオラとバイオリンが
偶然同じ大阪に売られて行って、また会うなんてねえ。
(製作者さんは日本人なので、そこまで低い確率ではないのかもですが)

さて、それはともかく。

初めてのアンサンブルは、オープンで広い心の
先達メンバーの皆さんにに暖かくむかえていただき、
弾けるところは少なかったですが、本当に楽しい時間でした。

当分迷惑のかけっぱなしになると思いますが、
頑張ってついて行かせていただこうと思っています。

次回が待ちきれないくらい楽しみです。

やっぱり音楽は、いいなあ。

13時半くらいから始まって、17時前まで、
夢中で弾いていたらあっという間でした。

それから、皆さんが持ち寄られたお酒や
おつまみを囲んで楽しい懇親の場が…。

『これが楽しみで…』とおっしゃる皆さん、
本当にいい笑顔で、この時間も素敵でした。

Kさんは、趣味の手打ち蕎麦を持ってきて下さって、
ねこてんもいただきました。
ダシや薬味の準備がないので、明日食したいと
思います。超楽しみ♪

※5/11追記
お蕎麦、付属のレシピの通りに茹でて、
天ぷら、ネギ、わさびで天ざるにしていただきました。
手打ちだけあってコシが素晴らしかったです。
ごちそうさまでした>Kさん <(_ _)>

posted by ねこてん at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/360302141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ナプロキセン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。