2014年03月17日

いきなり春めいてまいりました。

つい、2、3日前まで3月だと言うのに寒くて閉口していたんですが、
昨日あたりから急に春の陽気になってきました。

事務所では窓を背に座っているので、モニタが見えなくなるのを
防ぐためブラインドを閉めっぱなしですが、それでも、その隙間
からほんの少し零れる陽射しが、100%オレンジジュースみたいに
濃いのがわかります。

やっぱり春はいいですね。
長い間どこかに行ってしまっていたやる気スイッチが
久々に見つかったような気分になります。

さて、本当なら2月26日に54回目のレッスンに行く予定だったんですが、
その前の日の夜に先生から電話があり、急に虫歯が悪化してレッスン日を
変更してもらえないかということだったので、3月8日(土)に行ってきました。

■小野アンナ音階教本
やっとGes dur / es mollの♭6個地獄から抜け出しました…
が、ホッとしたのもつかの間、次の宿題は♯6個のFis dur / dis mollです。

他の音階教本をやったことがないので、小野アンナに限って言うと、
最初♭が一つづつ増えていき、地獄のMAX6個に達すると、なぜか♯は
MAX6個から始まって減っていくというパターンなんですねえ。

♭にせよ♯にせよ、6つも付くと意味不明ですよ。

以前も同じパターンで2オクターブをやりましたが、
その時はポジション移動がなかったので、まだマシだったんです。
ポジションを移動するたびに、それでなくても微妙な音程が
およっとズレるのが気持ち悪くて、本当にツライです。

まあ、でもやるしかないのでガンバリマス。

■カイザーエチュード
長い間宿題だった17番、ついに小鳥は鳴かないまま、
子豚の足踏みのトリルで、なんとか合格させていただきました。
というか、現状でこれ以上やっても向上は見込めないので、
取り敢えず前に進もうという感じでしょうか。

ということで、18番が新たに宿題になりました。

■鈴木教本3巻
おなじみ、6番バッハ ガボットニ長調。
挙げ弓で弾く最初の音をベッタリさせないように。
続く8分音符はもっと弓を節約して。
強弱はかなりはっきり付けれるようになったので、
せっかくだから完成度を上げましょうというわけで、
細かくニュアンスの指導等されました。

これが上がれば、もう3巻は余すところ1曲なので、
進むのはゆっくりでも、1曲づつ完成度を高めていくのは
望むところです・・・ま、ねこてんのレベルの完成度なんて
どちらにせよ、知れたものなんですけどね(笑)

細かい音符が続くとどうしても肩から動いて
弓が曲がるので、弓のお尻が右足のつま先あたりというか、
斜め前の1点を常に突くように戻ってくることを意識する。
そうすると肩が動かないし、弓もまっすぐ動く(はず)。

本当に、やることは限りなく湧き出してまいります。

さっき、4巻の掲載曲を見ていると、ザイツやビバルディ、
バッハのドッペルと楽しみな名曲ぞろい。
この春の陽気も手伝って、やる気スイッチ全開です(*´-`)

次のレッスンは・・・あれ?忘れてしまいました。
帰ってノートを見て、また補完します。

3月23日(日)です。

そして、3月14日(金)は、前回仕事の都合でお休みした
アンサンブルの練習でした。
今回はバッハの組曲3番、ビバルディの春、パッヘルベルのカノン
コレッリの合奏協奏曲6-1、モーツァルト、K138ディベルティメント、
小品は今年度から登場したビートルズ(イエスタデー・ミッシェル・
レット・イット・ビー)というラインナップだったんですが、
途中で、今後の運営について創設者からお話があったりして、
K138とミッシェル、レット・イット・ビーは時間切れで演奏できませんでした。

いつもの通り、最後はアイネ・クライネ・ナハトムジークで終了。

なんだか、いつにも増して全然弾けませんでした(汗)が、
楽しかったです。

しかも、今後の運営についての話は、なんと今まで
ただ寄り集まって弾き流すだけだったこの会に
ちゃんとした指揮者を招いて曲を完成して行こう、
そして定期演奏会も開こうというご提案で、いきなりだった
こともありビックリしました。

そうなると、今まで弾けても弾けなくてもとにかく
参加して、後の楽しい飲み会でダベってというゆる〜い
感じではなくなるでしょう。

ねこてんみたいなドの付く素人ははじき出されるかも
しれません・・・まあ、これはいらっしゃる指揮者の
お人柄や方針に左右されるでしょうが。

でも。

ねこてんは、このプランには全面的に賛成です。
とても嬉しかったのです。

曲数を絞って、ちゃんと人前での演奏を前提とした
レベルまで持っていくための練習をするという目標が
できます。

もし、実現しても実際に指揮者がいらっしゃるのは
5月からということですので、今、あまりにも曲目が多くて
練習する気にならなかったアンサンブル用の練習も
少しでもやろうと志高くしたねこてんでした。

おお!やる気スイッチ連打されてます。

願わくば、この高揚感がしばらく続いて、その間に
少しでもマシにバイオリンが弾けるようになりますように(祈)

posted by ねこてん at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ナプロキセン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。