2013年07月08日

発表会無事終了〜

7月6日(土)、初めてのバイオリン発表会でした。

演奏したのは、ソロ曲がドヴォルザーク「ユモレスク」。
アンサンブルがエルガー「愛のあいさつ」です。

当日はピアノ合わせはなく、練習もできずにそのまま本番
だったので、舞台に立っていざ弾き出そうとしたら、すべて
忘れてしまっていて、為す術もなく立ち尽くすのではないかという
ほとんど被害妄想の域に入り込んでいるよう妄想が…。

しかも、4人で弾くはずだった「愛のあいさつ」の
セカンドバイオリンの人が、先週のリハーサルからの
体調不良がまだ続いていらしたようで、この日も
参加できず、急遽別の人がセカンドを弾くことに。

リリーフを頼まれた人も練習日がたった3日間だけ
だったそうで、「絶対無理〜」と。

「なんとかなりますって」と言ったものの
これといった方策もなく、もうこうなったら楽しく
やろうという感じ。

なかなか波乱含みの幕開けとなりました(笑)

しかし暑い中、友人カップルがわざわざ来てくれて、
とても心強かったです。ビデオまで撮ってくれたり。
(↑これは、あまり見たくはないけど orz)

不思議な感覚なんですよね、いつも舞台に立つ前って。

バイオリンは初めてですが、ピアノでは15回くらい発表会に
出ました。まあ、否応なく(・ω・;)
2、3回ですがコンクールも経験しました。

大人になってからはなんどか歌で。

ごく幼い頃を除いて、いつでもその時が近づいてくると
ご飯も喉を通らないくらい緊張するんですが、
前日くらいになると緊張ほとんどピークで継続しながらも、
なんか変なスイッチが入って、ある意味楽しみになってくるんですよ、
舞台に立つのが。

震えているのは怖いからなのかワクワクしている
からなのかわからん…みたいな。

今回もそうで、怖いのはこの上なく怖いんですが、
嬉しくてねー。特にアンサンブルはとても楽しみでした。

そんな中、子供ちゃんたちの可愛らしくも達者な演奏が
次々と繰り広げられ聞き惚れているうちに、遂に自分の番が
回ってきました。

ねこてんの前から大人の部に入ったんですが、その方が
場内アナウンスのお兄さんに「名前の後は「さん」では
なく「ちゃん」付けで発表して欲しい」とお願いされていて、
ねこてんにも「ねこてんさんも「ちゃん」付けはいかがですか?」と
聞いて下さったので、ちょっと悪ノリしてしまって(変なテンション
だったんです、なにしろ…)、「ぜひお願いします。もう
この年齢になると「ねこてんちゃん」なんて呼ばれることは
まあ、ありませんし〜」と言ってしまいました。

そのアナウンスのお兄さんは、ねこてんの前の方にも
ねこてんにも見事に「ちゃん付け」の紹介をしてくださって、
客席は「?」マークが飛んでいるのが見えるような
不審なざわめきが…お陰さまで、舞台袖から演奏定位置まで
歩いて行く時の緊張が程よく解けて、満面の笑みで
登場することができました。

ありがとう!アナウンスのお兄さん!!(よかったのか?

演奏の方は…。
まあ、今のねこてんの実力から言えば、あんなものでしょう。

リハーサルでも家やレッスンでの練習時も必ずと言っていいほど
止まってしまっていたCメロのところも、音程崩れつつも
止まらずに弾けましたし、この「とにかく最後まで止まらない」
ということを目標に(目標低っ!)していましたから、
まあ、達成はできたのかな…と。

そりゃね、練習の時は掛けれていたヴィブラートが全然掛けられなかったり、
いつにもましてポジション移動時に音程が乱れたり、
お得意だったはずの、最後のフラジオが全然鳴らなかったりと、
酷いといえば、この上なく酷い演奏ではありましたが・・・

そして、最後にアンサンブル。

一度も合わせができなかった4人が、本番で初めて合奏する
という大胆不敵さ(笑)

でも、ねこてんはこれに関しては、本当に全然心配してませんでした。
なにしろ、4人のうちのひとりは先生ですし、ファーストと先生と
自分は、先週合わせてますしね。その時不安があった部分は、
この一週間で自分的にはけっこう完成できていたので、
そう酷いことにはならないという確信がありました。

おまけにリリーフをしてくれた方はバイオリンはまだそんなに
長くはされていないんですが、ピアノの先生なので、
音楽的な素人さんではないということも大きかったと思います。

結果的には、やはり割りと無難に最後まで演奏できて、
とても楽しく終わることができました。

色々と総合した感想としては「とにかく楽しかった」に尽きます。

・・・なんて言ってますが、まだこのあとの初レッスンには
行っていないので、その時先生に反省点を色々と指摘されて
号泣してしまうかもです(。-_-。)

帰りは、友人カップルが「ご褒美」に超豪華ランチを
ごちそうしてくれたりして甘やかしてくれたので、
ねこてんの単純な頭の中では幼稚園児のように「発表会=楽しいイベント」
という回路が出来上がってしまいましたとさ。

めでたし、めでたし。

posted by ねこてん at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

レッスン第42回目そして翌日はピアノ合わせ

6月29日(土)は42回目のレッスンでした。

発表会が間近に迫っているということで、
今回も音階やカイザーはやらないで、アンサンブル曲と
ソロ曲のみのレッスン。

■アンサンブル曲「愛のあいさつ」
かなり合わせられるようになりました。
自分がメロディーのところは意識し過ぎないで、軽く弓を
滑らす方が音が伸びて良いようです。

1ヶ所だけ拍が取りにくくどうしても曖昧になるところが。
先生のビオラが表で入ってすぐ裏をサードバイオリンが弾きます。

ひとりで数えながら弾いていると大丈夫なんですが、
ビオラが鳴るとそっちに引きずられて、とたんにリズムが崩れました。

あとは、フェルマータを十分に伸ばすこと。
インテンポに戻るタイミングがズレないように。

しかし、今回のレッスンで先生がファーストバイオリンのメロディー部分を
弾いて下さって合わせることができたので、大分把握できました。

■ソロ曲「ユモレスク」
1.Bメロポジション移動の時、ギリギリまで弓を弦から放さず弾く。
2.多少ポルタメントになってもいいので恐れない。
つまり、ポジション移動の度に音が途切れがちになるので、
そうならないように上記2項目に気を付けましょうということでした。

あと、Cメロはやっぱり難しいですねえ。
止まってしまいます。
本番でも止まったらどうしよう。

先生は落ち着いて走らないように余裕を持って弾こうという
意識を持つだけで変われるので大丈夫とおっしゃいます。

もうそれを信じるしかないですね…もちろんあと一週間練習はしますけど。

と、まあこんな感じでレッスンは終了。

そして次の日6月30日は本番が行われるホールのリハーサル室で
ピアノ合わせ・アンサンブル合わせがありました。

ちょっと早く着いたので、自分より前に弾く子供たちの演奏を聴いていました。
それぞれ個性があって面白いですね。

楽しそうに自由奔放に弾く小さな子や、フレーズの時々に付き添いできている
お母さんの顔を伺ってその表情で自分の出来を測っている少し年上の子。

子供たちを見ているとこちらの精神もかなり開放されます。

そして、ついにねこてんの番が巡ってきました。

ねこてんはバイオリンで舞台に立つのは初めてなので、
出て行って、右脇に楽器を挟みお辞儀をするところから練習です。

バイオリンの場合、自分が正面を向いて立つのではなく、
楽器が客席からまっすぐ見える角度で立つそうです。

つまり、身体は右半身が客席と相対することになる感じですかね。

さて、今回弾くユモレスクはピアノの前奏はなくて、
バイオリンとピアノが同時に出るので、弦に弓を置いて
音を出す準備をしてからピアノの方を振り返って合図
(声はださないけど「せえの〜」みたいな?)
を送って弾きだします。

もう、ここで頭は真っ白。

案の定、Cメロで止まってしまいました。
先生曰く「1の指(人差し指ですね)をまったく使わないで弾いてますよ」

ええ〜!どんだけテンパってるんだ>自分

で、まあ弾きなおしてなんとか最後まで行きましたが、
こんな調子で本番どうなるんでしょう(TдT)

最後にアンサンブルの合わせも行いました。
しかし…。
なんと、セカンドバイオリンの人が体調激悪で欠席されていて
ファースト、サード(ねこてん)、ビオラ(先生)のみで合わせ。

ファーストの人がフェルマータで迷ったり、ねこてんが
例によって裏拍で入るのをトチったり、まあ、ピタリと合うなんていう
境地からは程遠い感じではありましたが、楽しかったです。

音楽は楽しければいいんですよ、ええ。 ← 開き直り(`・∀・´)

・・・・・
本番が思いやられるリハーサルでしたが、まだ5日ほどありますからね。

ラストスパートかけて、悔いのない感じで臨みたいと思います(あくまで希望)




posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

レッスン第41回目 その後攻殻機動隊ARISE初日

11時からレッスン。

昨日までの大雨は上がって薄曇り。
水が落ちてこないのは楽器を持って歩くのには
ありがたいが、蒸し暑い。

今日は音階とカイザーはお休みで、発表会のアンサンブル曲と
ソロ曲のみレッスンしていただく。

まずアンサンブル曲の「愛のあいさつ」は、家で練習していた時は
妙に短調っぽい音に聞こえて、こんなんで本当に合っているのか?と
不安だったが、先生がメロディー部分を弾いてくださって合わせてみると
違和感なくハマる…なるほど〜こういう感じなのかあ。

しかし、発表会まであと2週間しかないのに、譜面をもらったのが前回と
いうこともあり、全然完成していない。弓の向きがややこしいし。

先生は「十分間に合います。大丈夫」とかおっしゃるが、そんな気はしない。

「音源(第一バイオリン+第二バイオリン+第三バイオリン(←ねこてんはここ)+ビオラ
の合奏の分と自分のパートの分)、なるべく早く送りますから」ということだが、
来週の日曜日、初めてで最後のアンサンブル合わせですよね…間に合うのだろうか。

不安にどんよりしながら、ソロの「ユモレスク」へ。

Bメロのところが、ゆっくりしすぎ。

Cメロの3段目、左手の4の指3の指と速く動くところで、4の指につられて
3の指が流れてしまい、1音づつ粒立たない。要練習。

「まあ、もう出来上がっているので、そんなに難しく考えないで
落ち着いて弾けば大丈夫ですから」と先生が励まして下さる。

そうかなあ…今、Cメロでいきなり止まっちゃったけど?

不安は募るばかりだが、ちょっとでも解消するのには
自分で満足できるくらい練習するしかないのだろう。

それをやれなければ、まあ、本番当日になってもこうやって
ゴチャゴチャ言ってるに違いない。

「お金もらっているプロの人なら、途中で止まったりすると
困りますけど、発表会なのでそういうことはよくあるし、
もし止まったら、そのフレーズの最初から弾きなおせばいいので」

先生は、プレッシャーを解消するため色々励まして下さるので
もうこうなったら、楽しんで弾こうと思うねこてんでした。

来週土曜日11:00から発表会前最終レッスン。
次の日の日曜日はピアノ合わせ、アンサンブル合わせ。

そして・・・7月最初の土曜日6日はいよいよ本番です。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

レッスン後、前売りを購入していた攻殻機動隊ARISEの初日を
観になんばTOHOシネマズに。

事前に観た絵柄がねこてん的にちょっと「・・・」だったし、
声優さんも総入れ替えなので、正直あまり期待していなかったが、結構良かった。

なるほど、最初からハードル下げとくといいんだな。

自走地雷が襲ってくるところとか、ちょっと「イノセンス」の
焼き直しっぽかったりもしたけれど。

一新した声優さん達に違和感がなければないで、
「こんなにイメージをそのまま使うんだったら声優さん変えた意味は?」
なんて天邪鬼なことを言いたくなったり。

これ、イメージがガラッと変わってたらぶーぶー文句言うのにねw

客層としては、30代男性のおひとり様が目立ってました。

次回は11月30日ですと。随分間があきますね〜。

あんまりな感じだったらもう続編は観に行かないと思ってましたが、
このぶんだと、多分行きます。いや、絶対行くな。

この内容で作る意味…と言われれば正直あんまりないと言わざるを
得ないんですが、やっぱり嬉しいんだよね。
9課のみんなが動いて喋っているのを観るのが。
そしてあの世界観の中に入り込んで「何が現実で何がバーチャル」って
不安定な気分を味わうのが。

今回は入口でチケットと引き換えにちょっとしたプレゼントがありました。

おまけ.jpg

「新浜日報」という新聞に模したチラシと小さな攻殻の漫画本。

余談ですが、始まる前の他の映画の予告編で、ガッチャマンの実写版のそれを
図らずも観てしまいました。

こればっかりは別物と思い込もうとしてもどうしようもなく
拒否反応が出てしまいますね、やっぱり。
非常に気持ちが悪かったです。



posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

レッスン第40回目

本日、40回目のレッスン。

40回かあ…この中途半端な回数で「まだ40回」と「もう40回」が
せめぎ合う感じ…なんだろうこの感慨は。

まあ、それは置いておいて。

もうかなり暑いです。
陽射しはすっかり「夏」みたいです。陰に入ると風が涼しいのが
真夏とは違うところですが。

晴天過ぎて梅雨入りしているとは思えないですねえ。

先生のお宅に到着して、クーラーの効いたレッスン室に入ると
ホッと一息。あ〜、今からこんなんじゃ先が思いやられますなあ。

さて今日のレッスンは。

■音階
宿題はfis-mollとD-Durでした。
移弦で若干弓のスピードが落ちるというか止まりかける…。
もっと遠慮なく弓を止めないように。

左手の押さえ方は問題ないようで音程は安定しているので
合格になりました。

先生は、ねこてんが緊張のあまり家ではスムーズにできることが
先生の前ではギクシャクすると思っていてくださるようです。

まあ、そりゃ緊張はしますけどね。チキンハートですしw

でも客観的に見て、家だからもっとスラスラ弾けているなんて
ことはあまりありません。

家で「う〜ん…イマイチだけどまあ、いいか」と、自分で納得
するところまで行ってないまま、レッスンに臨んで、家でそれ
なんだから、先生と対面という緊張もあり、如実にできていない
部分が暴露されるだけです。

でもね、そこをシビアに完璧になるまで突き詰めてやっていると
寿命が尽きちゃいますから、先生もその辺を汲んで下さって、
出来ている所に着目して合格にしてくださるんだろうなあ。

幼い頃からやっていたかったなあと思う瞬間ですね。

ねこてんは左手の指の関節がとても柔らかくて、弦楽器をやるのには
それは、とても『お得ポイント(原文ママ)』らしいですw

お得ポイントというか、それこそ幼児の頃から一応大人の骨格が
完成する18、19まで結構真剣にピアノをやっていたなごりだと思うんですよ。

ねこてんは大学生の時でも「手がドラえもん」とかパーを出していても
「それはグーですか?」といじられていたくらい手が小さいのに
4の指が難なく伸びるのは、やっぱり肉体改造訓練の賜物だと思うし、
それを思うにつけ余計に、その肉体改造がピアノ特化ではなく
バイオリン特化だったら…と、今さら思ってもどうしようもない
繰り言モードに突入しちゃうわけです。

ふー、まあしゃーないね。

h moll
G dur
e moll

3つまとめて宿題になり、これで2オクターブの音階は最終です。

■カイザー練習曲(kayser etudes)
14番。
臨時記号で半音になる音の半音の高低をもっと際立たせる。
A線のBとかE線のFとかもっと思い切って指板の上端に寄せて。
三連符の一連の流れをスムーズに。←ここ、弓の向きも難しい(汗)

A線3rd.ポジションA(ハーモニクス)は、一度音が出ると
少しの間響くので、響きが残っている間に焦らず移動する。

「少し気を付けるとかなりスッキリすると思いますので、
もう一度やりましょうか」ということでお持ち帰り。

■鈴木教本3巻(というか、発表会用の曲)
ドボルザーク ユモレスク

Aメロ
出だしをもっとうんと小さく。
クレッシェンドを際立たせるためには出だしをどれだけ
小さく出られるかによる。

Bメロ
冒頭、D線のF(1st.ポジション)からA線F(3rd.ポジション)に
一気に上る所は、『上がりながら上げ弓の3rd.ポジションFを
同時に弾く』勢いで。
弓の向きが変わる時に重さをゆるめない。

Cメロ、重さは良いのだが、速さが速すぎて弓を使いすぎ、
疾走感のある音になっている。
重さをかけたままもっと弓をゆっくり短く使い、粘っこい音を
出すことを心がける。

などなど、細かいダメ出しが山盛り。
あ〜、いよいよ発表会間近だなあと思い知らされます。

そして、この日やっとアンサンブルの楽譜が配布されました。

エルガー「愛のあいさつ」。

ねこてんはメロディーがほとんどない通奏低音部っぽいパートです。
弾き方のコツなどレクチャーもかねて、初見でちょっと弾かされましたが
・・・よくわからない( ゚д゚)

「愛のあいさつ」は有名な曲ですが、メロディーは知っていても
低音部は気を止めたことなかったからなあ。

まあ、音符通りに弾けるように練習するしかないですね。

6月の最終日30日(日)がピアノ合わせ、アンサンブル合わせで、
本番が7月6日(土)なので、そろそろおしりに火が付いてきました。

次回レッスンは2週間後、22日土曜日11:00からです。

ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!



posted by ねこてん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

レッスン第39回目

5月25日(土)は、3週間ぶりのレッスンでした。

いいお天気で陽射しはまるで夏みたいでした。

そんなに歩く距離はないんですが、日焼け止めを塗った上で、
つばの広い帽子をかぶり、サングラスを掛け、手甲のような
日焼け防止手袋に身を包んで、日光遮断対策は万全です。

ショーウインドウに映る姿はまるで不審者でしたが、
なりふり構っちゃいられません。

実は、若い頃はまったく美白になんぞ興味がなく、
すっぴんで、バイクに乗ったりスキンダイビングをしたりと、
暴挙の限りを尽くしていました。

ホント愚かな小娘だったんです(TдT)

そのツケが今頃回ってきてまして、頬がシミだらけ。
年齢も年齢なので、これ以上は絶対に日焼けできません。

・・・とは言え、日焼け防止グッズ一式を身につけると
暑いんですよね〜。

この決心、いつまで続くか…(・ω・;)

さて、そんなこんなで始まったレッスンですが、
まずはいつもの通り音階から。

■音階
イ長調 A Dur
⇒合格

「だんだん♯も減ってきたのでふたつずつでも大丈夫ですね〜」と
いうことで、宿題はfis-mollとD-Durというなんか収まりの悪い
組み合わせのふたつに。

ついでにh mollまでやってしまうか、もう一回fis mollだけの
宿題にして、♯三個を終わらせた方がよいのでは…と思ったけれど、
ひょっとしたら、次回、3個宿題で一気に2オクターブ終わらせるという
方向なのかもしれません。

謎ですが、とにかく、今回の宿題はfis-mollとD-Durです(笑)

■カイザー練習曲(kayser etudes)
12番 ⇒ 後半のみ宿題だったんですが、まあまあおまけで合格。
あいかわらず、アップの時に手首が十分柔らかくなっていないせいで、
長いスラーだと、弓が駒よりに斜めになります。イカンなあ(TдT)

14番 ⇒ 12番と一緒で、余裕がなくなるとすぐ弓が駒よりになるので、
固い汚い音が出ます。
手首に糸が付いていて引っ張られるように上がってくる…ただしやりすぎは
ダメだそうで、難しいです。

あとは、弓の向きがすぐごっちゃになるのでもっと練習が必要です。
(後半に出てくるアップの4音スラーで5音目と6音目がダウン・アップになるところ)

それと、わたしの持っている白い表紙のカイザー教本では
これが14番なんですが、ネットを見ているとどうも違う曲が14番で
今、わたしが14番として練習している曲は17番みたいなんだけど、
これはどういうことなんだろう…教本の版が違うだけなのか?

これまた、謎です(・ω・;)

■鈴木教本3巻(というか、発表会用の曲)
ドボルザーク ユモレスク

だいぶん、A〜Cメロまでの雰囲気を弾き分けられるように
なって来ました。
先生は特にCメロ(あの短調になる激し目のところ)がよいと
おっしゃってくださいました。

でもまだまだビブラートは不自然ですし、Bメロの冒頭、
D線のF(指番号2)からポジション移動で、A線の3ポジのF(指番号3)に
一気に上るところが、うまく決まりません。

先生曰く、「上がる勢いでビブラートを掛けてしまう」と。

その時は「おお!なるほど〜」と思ったんですが、帰宅して
やってみたら、全然できない。

先生はいとも簡単そうにお手本で弾いてくださったんですけどねえ。

ああ、だんだん日がなくなってくるのに、どうしよう。

でも、レッスンの次の日の日曜日、ふと思い立って庭に出て
陽射しが溢れ、風が吹き渡る中で、弾いてみたら、
思いの外、音が豊かに出て、なんか良い感じでした。

外で弾くので、メインの楽器ではなくブルガリア製の方を
持ってでたんですが、やはり東欧の作曲家の曲は東欧の楽器が
歌心をわかっているということなのでしょうか。
同郷のよしみ…みたいな?

普段、絶対ジョルさん(メインの楽器)の方が音量も音質もよいのに、
木漏れ日の中でユモレスクを歌っていたマメトラ(サブ楽器)は
素敵だったなあ。(いくら昼間とはいえ、近所迷惑だろうから
3曲くらいしか弾きませんでしたが)

やっぱりバイオリンは不思議な楽器です。

そう言えば、最近立て続けに2枚のバイオリンコンサートの
チケットを取りました。

1枚は、7月に神戸で行われる川畠成道さんのステージ。
もう1枚は、ちょっと先ですが10月の大阪ザ・シンフォニーホール
でのイツァーク・パールマン ヴァイオリン・リサイタルです。

今からとても楽しみですが、その前に初発表会を
乗り切らないとなあ(´Д`)





posted by ねこてん at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。