2013年10月25日

今日のイタグレ〜♪

ash_kame.jpg

カメの王と出会って驚いたり。

ash_kuma.jpg

リラックマを捕獲して、得意の余り耳がなびいたり。

ash_redsox.jpg

レッドソックスのユニフォームも凛々しく予防注射に挑んだり。

予防注射というのは、狂犬病ワクチンです。
今週火曜日にやっと行ってきました。
登録も済まして久しぶりに玄関に貼る「犬」シールをゲット。

ついでにフィラリアの薬もいただいて、次の日
飲ませたので、アッシュの予防関係は出来る範囲で完璧です。
(フィラリア投薬は、12月までまだあと2回ありますが)

,•*¨*•♫♪おまけ

baby_ash.jpg

販売店舗に初めて入荷されたころのアッシュ。

あどけない…マナティのよう…ムーミン谷のトロール?などなど
意見はさまざまですが、飼い主バカとしては、
「愛らしい」のひとこと。

この頃のアッシュに会って見たかった。

家に来た時は、すでにもう「カマス」状態でしたから。

ま、それでも可愛いんですけどね〜 (デレデレ)




posted by ねこてん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

3回目のワクチン接種完了

昨日、行って参りました。
アッシュの3回目のワクチン接種です。

アッシュは今年5月27日あたりに生まれました。
「5月27日あたり」というあやふやなことを書きましたが、
まだ血統書が届いていないので誕生日がはっきりしていないのです。
ペットショップの書類にはこの日が記載されているのですが、
「だいたいこの日」という説明を口頭で受けました。

う〜ん、どうなんだろうね。
こんなもんなのかなあ。
血統書があると言うことは、誕生日はブリーダーさんに
確認すれば正確な日がわかると思うんだけど…。

まあ、そんなわけで、昨日で生後105日くらいということになります。

あ〜、まだこの世に生を受けてから100日ちょっとしか
経っていないのだね。初々しいです(。-_-。)

で、ですね。

1回目と2回目のワクチンは7月及び8月にペットショップで
済ませていました。

ワクチンプログラムには諸説あるようで、ネットの情報にも
2回でよいというものや、3回必要というものが混在しています。

ワクチンというのは弱毒化はしていても、病気の元になるものを
体内に取り込んで免疫を付ける訳ですから、必要以上に
打ちたくないので、事前にずっとお世話になっている獣医さんに
確認のお電話をしました。

するとその獣医さんは3回のプログラムを推奨していますと
おっしゃったので、従うことに。

先生もわたしもまだ20代からのお付き合いで、代々の犬猫はすべて
この先生に診ていただいているので、その辺は信頼するより他ありません。

この先生は本当にお優しい方で、先代のアッシュが入院していた時も
夜中も度々ついていてくださって、ちゃんと最期まで
看取ってくださいました。

そんな先生は、ものすごい心配性。

昨日も、2代目アッシュを診て「ひょっとしたらアレルギー体質かも」
「耳を裏返したところが少し赤く腫脹しているし、顎のしたも
毛が抜けて赤くなってるし」
ということで、むやみに餌の銘柄を変えないこと、余計なものは
やらないこと、犬種的に皮膚が薄く敏感なので、気をつけるようにと
言われました。

まだ与えていないですが、おやつを与える時にはジャーキー系のものは
避けた方がいいとも言われたな…添加物の関係でしょうか。

あとはお決まりの骨折について。
折れたら付かないので、くれぐれも気をつけるようにと。
フローリングは絶対だめ。畳も滑るからよろしくないとのことでしたが、
アッシュのために全館コルク敷の床にリフォームするお金は
当然のことながらないので、椅子への飛び乗り飛び降り等できることだけ
注意することにします…なんか心配だなあ(・ω・;)

と、まあ、ちょっとネガティブな先生に不安を煽られつつ帰宅しました。

ねこてんは楽天的に過ぎるので、このくらいが丁度いいんですが。
あ、ひょっとして先生、その辺も計算した上での発言でしょうか。
恐るべし・・・

家に帰るとさすがに疲れたのか、ケージに入れても文句は言わず。

しばらく経ってから与えた夜ご飯も、完食したものの、いつもの
スピード、脇目もふらずという感じはなくノロノロと食べていました。

一夜明けた今朝は、ケージを出るなり全力で走り回り
ぴょんぴょん飛び跳ね、よいうんちもしていて完全復活かと
思われましたが、朝ごはんは相変わらず嫌々っぽく食べていたので、
実はまだ本調子ではないようです。

今日明日くらいはまだよく注意してやらないといけませんね。

このまま無事体調が戻れば、1ヶ月後に狂犬病ワクチンを接種して
誕生初年度のワクチンは全部終了します。

あとは1年後に、今回打った混合ワクチンを1回と毎年接種が
法律で義務付けられている狂犬病ワクチンをまた打ちます。

狂犬病は昔から毎年打ってましたけど、混合ワクチンって
仔犬の時だけじゃなかったかなあ。

かなり昔なんで記憶があいまいですが、そんなに頻繁に
色々な予防接種をした記憶がありません。

人間が犬の毛や唾液で犬のアレルギーを起こすのは
知っていましたが、犬が食べ物によってアレルギー(アトピー?)を
発症するなんていうのも実は今回初めてききました。

昔は無頓着に飼っていただけなのか、時代とともに
何かが変化して人も犬もアトピーだのアレルギーだの
起こしやすくなっているのか…ちょっと考えてしまいました。

まあ、飼い主としては最善のことをして、持てる寿命を
全うさせてやりたいと思うのみです。




posted by ねこてん at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

イタリアングレーハウンドがやってきた♪

「やってきた」とか言うと、自主的に突然現れたような響きですが、
もちろん、そんなことはありません(笑)

それは先週の日曜日のこと。

ふらりと訪れた、近所の大型ペット店でカメや猫の餌を買うついでに
いつものように外のケージに出されている犬たちと遊ぼうと近寄って行くと、
やたらテンションが高くてハッピーそうな仔犬が。

細身で脚がひょろ長く、鼻面も細くて、まるでバンビのようです。

付いている札を見ると、「イタリアングレーハウンド」と
書かれていました。

まず目を引いたのが毛色。
ブルー…いわゆる灰色で身体に張り付いているような極端な短毛です。

それに加えて「人間が大好きで、かまってもらえるだけで幸せで幸せで
仕方がない」という佇まいが去年の暮れに亡くした猫を彷彿とさせました。

いや、もちろん、イタグレ(イタリアングレーハウンドは略して
こう呼ばれます。あとIGとか。)は犬で、決して猫ではないんですが、
何故か、「これはアッシュ(死んだ猫)の生まれ変わりに違いない」という
奇天烈を飛び越えてイカレた思考に取り憑かれて、そのままお持ち帰りと
相成ったのでした。

「イタリアン」と付いているところが、イタリア好きの
魂を揺さぶったことも付け加えておかねばなるまい(笑)

あれですよね〜。
買物がすべて現金一択なら、犬をポンと買えるようなお金が
財布に入っている訳もなく、泣く泣くでも諦める他ないはずですが、
何しろ、クレジットカードというオソロシイものがあるので、
こういう衝動買いというには余りにも高額な衝動買いが頻発するんですよ。

・・・楽器とかね。

とまあ、責任転嫁はそれくらいにして…

何頭か犬を飼ってきましたが、最後の犬が死んでから13年ぶりに
また犬と一緒に暮らすことになりました。

本当に久しぶりで、仔犬のパワーを忘れてました(・ω・;)

2代目アッシュは(紛らわしいですが初代は猫)そりゃあもう
食いしん坊で、楽しくて、生きとし生けるものが大好きで(来たその日に
先住猫の一匹に恐れ気もなく「遊んで〜」と飛びついて行き、瞬殺で
耳を血まみれにされキャインとなってました…でもまったく懲りる気配なし)

世話が焼けるにも程がありますが、可愛いですねえ…。

まだワクチンが全部終わっていないので、外に連れ出せませんが、
片時も離れたくないと言うくらいメロメロです。

ま、ワクチンが済んだところで、仕事には連れてこれない訳ですが(笑)

朝、ご飯とトイレの世話をしている間はケージから出してあるので、
その辺を走り回り、朝ご飯のあとはまたケージに逆戻り。

その時、もう一度食後のウンチをする時もあり。
これをされると再度、ご飯だけ除いて上の作業を
繰り返すことになり時間がタイトになります。

で、ねこてんが仕事に行っている間はケージでお留守番。

夕方、娘が学校から帰って来て、遅い昼ごはんとトイレ掃除。
だいたい、この回はケージ中がウンチまみれになっています。

娘は何かと忙しいので、最低限のお世話が終わると、無慈悲にも
アッシュはまたケージに入れられます。

で、ねこてんが20:00頃会社から帰ってからが、
本格的な遊び時間になります。

同じ頃か、ちょっと遅れて、別に住んでいる次男が
アッシュと遊びにやってくるので、タオルの引っ張り合いっこを
したり、走り回ったり、おもちゃを投げて取り合ったりと
至福の時を過ごします。

その間、猫たちは関わりにならないですむ、高いところに避難して
冷たい目で1匹と2人のお祭り騒ぎを眺めています。

そして、犬も人もヘトヘトに疲れた23時前に、夜ご飯を食べて
アッシュはケージに、次男は自分の家に帰って行くのでした。

しかし、さっそくの飼い主バカではないですが、
この仔犬は賢いです。

5月末の生まれなので、まだ4ヶ月目に入ったところですが、
夜泣きしたのは連れて帰ってきた翌朝だけ。

あとは、閉じ込められている時に人が通りかかったりすると
ちょっと鼻を鳴らしたりはしますが、無視しているとすぐ
静かになります。

こんなに声を出さない仔犬は初めてです。

だいたい、3日3晩くらいは鳴き通しでしたがねえ…かつて
育てた仔犬たちは。

そして、食欲が凄い。

細くて子鹿か、ネズミかという体型なのに、
連れて帰ってきたその日から、自分の餌を30秒足らずで
ガツガツとたいらげ、ダダーーーっと走って行って
猫の食器に首を突っ込んで猫エサをガッツクというありさま。

「連れて帰ってすぐは環境が変わるので、ご飯を食べないかも
しれません」というペットショップの人のお話はなんだったのか。

その上、その夜からヘソ天で爆睡です。
犬のアッシュヘソ天.jpg

なんだかな〜(笑)

やっぱり本当に初代アッシュの生まれ変わりかもと思うねこてんでした。








アッシュハンサム2.jpg 犬のアッシュ.jpg
▲初代アッシュ ▲2代目アッシュ
う〜ん…やっぱり初代の方がハンサムだねえ(・ω・;)


posted by ねこてん at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ナプロキセン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。